スティーブジョブスの意外な事実、20選(1/2)

スティーブ・ジョブズ アップル Apple 意外な事実

画像:bestpictureblog.com

スポンサーリンク
スティーブ・ジョブスはみなさんご存知の通り、米アップル社の創始者であり、2011年10月に病死するまでに数々の伝説を残しています。そんな彼の意外な1面を知る事実を紹介したいと思います。

ファクト-01

スティーブ・ジョブスの真実1
彼がアップル社のCEOである間、年間給与としてアップル社の口座から支払われたのは僅か1ドルだった。
(彼の活動的な生活は、彼が保有する株の配当と返済とで賄われてた。)

ファクト-02

スティーブ・ジョブス真実2
アップル社の創立以前、彼はアタリ(Atari)社で働いていた。
(アタリ社とはゲームセンター用ゲーム機、テレビゲーム用機器、ホームコンピューターなどを生産し今日の電子娯楽産業に大きな貢献を果たした会社です。)

ファクト03

スティーブ・ジョブス真実3
彼は代替医療を信頼し、命を委ねた。
(彼を蝕んでいたガン治療に自然薬物や代替医療を選択したことに後悔を感じつつかえらぬ人となった。)

ファクト-04

アップル社が製造した初期のマック・コンピューターのほとんど全てに、その内側に「Steve Jobs’」というサインが刻まれている。
(特殊な道具を使わないと通常は見ることのできないサインが刻まれいる。彼のApple製品にかける情熱がここにも現れれいる。)

ファクト-05

スティーブ・ジョブス真実5
彼は、大学の学位を持っていない。
(成功を手に入れる手段として、大学課程を必要と考えたことがなかった。)

ファクト−06

スティーブ・ジョブス真実6
彼は、ドラッグについて生涯で最も重要であったことの一つとしてLSDを試したことを挙げている。
(LSDを試した経験が、ビジネスにおける成功の助けになったことは間違いないと考えてた。)

ファクト-07

スティーブ・ジョブス真実7
皮肉なことにこれの命を奪った「すい臓ガン」の頭文字はPCである。
(知られている通り、彼はすい臓がん(pancreatic cancer)でなくなった。)

ファクト-08

スティーブ・ジョブス真実8
彼は、プログラミング・コードの1行たりとも書いたことがない。
(彼はプログラミングに関しては素人だった。革命的成果を挙げる上でプログラミングにおける「オブジェクト指向」の重要性を彼に認識させたのは彼の技術スタッフたちだった。)

ファクト-09

スティーブ・ジョブス真実9
アップル製品が機械的電源スイッチを持たないのは、彼が死を恐れていたからである- 「オフ」は消滅を意味するのである。
(「クリック」で、すべては永遠に消滅してしまうと考えていました。)

ファクト-10

スティーブ・ジョブス真実10
彼は失読症と診断されていた。GPA(学業成績平均値)は2.65だった。
(平均的な健常な学生にとっては簡単なテストでさえも、彼にとっては困難を極めたものだった。)

出典:bestpictureblog.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク