カフェインで記憶力が上がる!アメリカのジョンポプキンス大学研究チームが発表

カフェイン 記憶力

画像:mahalo mall Hawaii

スポンサーリンク
1日200mgのカフェインを摂取すると24時間記憶が増強される。200mg以上でも以下でも効果はありません。

コーヒーやお茶を楽しむ上で、嬉しい効果が発表されました。カフェインには記憶力を増強(ブースト)する効果があるというものです。コーヒー、紅茶、コーラ、チョコレートなどカフェインを摂取する方法の如何にかかわらずその効果は変わらないそうです。

アメリカ、ジョン・ホプキンス大学のマイケル・ヤッサ氏(この調査を行った当時。現在ではカリフォルニア大学アーバイン校の神経生物学および行動学科の助教授)が率いる研究チームは、次のような実験を行いました。

普段カフェインを摂取しない160名の若く健康な被験者を集め、様々な画像を見せた5分後に2つのグループに分け、片方にはカフェイン200mgの錠剤(強めのコーヒーとほぼ同量のカフェインを含むもの)を、もう片方にはプラシーボ(外見は同じですが、カフェインを含有していない錠剤)を与え、それぞれのグループの記憶力に差がでるか検証しました。

翌日、各グループに画像を見せて、昨日見せた画像と同じものかどうか当ててもらいました。見せる画像は昨日とは全く違うものや、似ているけど微妙に違うもの、全く同じものを用意しました。実験の結果は、カフェインを与えられたグループの方が、似てるけど微妙に違う画像の差異を言い当てられる傾向が強く出たのです。

この結果は、カフェインが記憶力を強化している状況証拠として、ネイチャー・ニューロサイエンス誌上で発表されました。完全に同じではないが、類似したものの差異を認識する能力は、深いレベルでの記憶識別力の現れだとヤッサ氏は考えています。

この研究において100mgと300mgのカフェインを摂取した被験者についても調査しましたが、100mgでは記憶力のブーストが得られず、300mgにおいても200mgを超える結果は得られることは無く、頭痛や神経過敏などの副作用が現れました。200mgが記憶力のブーストを得る上で最も適量、と実験は示しました。

他の研究においても、適量のカフェインが、注意力と集中力に有益な効果を及ぼすことが認められています。数件のカフェインが人間に与える効果の調査で、長期記憶保持においては、ほとんど、もしくはまったく効果がないとするものもありますが、多数の動物実験においてその効果が認められています。

コーヒーに換算すると、強めのコーヒーなら1杯で約80mgのカフェインを含みます。記憶力がほしいばかりにカフェインを過剰摂取すると不安感や心拍数・血圧の増加、頭痛などの副作用がでることも。ヤッセ氏は「私自身コーヒーを飲みますが、適量を守ることが大切です。また、大部分の人において深夜にコーヒーを飲んでも効果はありません。」とも述べています。

出展:USA TODAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク