【驚愕の夢の国】ウォルト・ディズニーは冷凍保存されている?!彼のやり残したミッションとは?

ウォルト・ディズニー 冷凍保存

画像:NAVERまとめ

スポンサーリンク
『夢と魔法の王国、ディズニーランド』の生みの親、死してなお世界の人々から愛され続ける、ウォルト・ディズニー。あのミッキーマウスの生みの親は、1966年に病死となっていますが、実は死の直前に冷凍保存されてある場所に保管されている、というウワサがあります。それは死亡当初からささやかれ今にいたり、アメリカでは彼は「冷凍保存」の代名詞となるほどそのウワサは根強いのです。

一笑に付すような話ですが、ではなぜ今でもこんな話がささやかれているのか、今回は『ウォルト・ディズニー冷凍保管説』を紐解いていこうと思います。

冷凍保存された状況証拠

ウォルト・ディズニーは、1966年当時では治療方法のなかったウィルス性の病に倒れました。彼は、未来の医療技術の発展で、自分の病気の治療方法が見つかることに望みをかけ、自分の体を冷凍保存した、と言われています。

1966年12月15日に彼は亡くなりましたが、その葬式はごく親しい身内のみで行われ、しかも彼の棺桶はなかったといいます。彼の体は冷凍保存され、カリフォルニアにあるディズニーランドの「カリブの海賊」の下に保管されているのだとか。

2015年現在、彼が冒された病気の治療法はすでにありますが、冷凍保存からの蘇生方法はまだありません。その方法を人類が手に入れるまで、彼はカリブの海賊でじっと待っているのです。

画像:OG English

彼のやりたかったこと

なぜ、彼は自分を冷凍保存してまで、この世に執着したのでしょう。それは、彼の死の直前まで着手していたあるプロジェクトが諦めきれなかったのかもしれません。

彼は死の直前まで、フロリダ州のディズニーランドを手がけていたのですが、このディズニーランド、実は彼は単なる遊園地として建設をしていたのではなく、人類が幸せに生きることのできる「都市」として建設していたのです。

それは、「EPCOT」と呼ばれる理論に裏打ちされた、近代都市に起因するあらゆる問題を克服できる、まったく新しい人類の生き方を実現する都市でした。彼は、近代都市だからこと起きる犯罪や公害、病気、子どもたちの健やかな成長を妨げる環境などの問題から人類を救いたかったのかもしれません。フロリダ州のディズニーランド、遊園地としては少々大きすぎるのですが、「EPCOT」計画の為だったのでしょうか。
フロリダ州にある「ウォルト・ディズニー・リゾート」
画像:Numero

最後に

ディズニーランドという場所は「夢の国」とはよく言ったもので、都市伝説や怪談話がほんとに豊富です。東京ディズニーリゾートは年1回、安全祈願の為にお祓いをするのですが、その時に呼ばれるのはなんと「陰陽師」だったりします。話せば長くなりますので、この話の続きはまた「乱歩」で。
スポンサーリンク
スポンサーリンク