欧米人が食べられないアジアの食べ物23選に日本食10品がランクイン(2/2)

日本食 アジア食材 欧米人

画像:tozanabo.com

スポンサーリンク

11.
シロアリの卵スープ

画像:buzzfeed.com

東南アジアでは珍味とされ、よくスープにされます。幼虫や孵りかけのものもあります。キャビアに似ているといわれ、プチプチした食感と酸味が特徴です。正直にいいます、これは出されても食べられる自信がありません。

12.
蜂の子

画像:best10travel.com

日本代表「蜂の子」。蜂蜜が好きなら、蜂の子も好きかも知れませんね。味をつけて調理されますが、カリカリした外側と内蔵の噛み応えの食感はちょっと厳しいかもしれません。えーっと、日本人ですが、食べたこと無いんですけど、特に食べたいとは思いません。

13.
ポンテギ

画像:auntiebteacher.blogspot.jp

韓国語で蛹を意味し、特に蚕のさなぎを指します。屋台などで蒸したり、茹でたりしたものに味をつけて売っています。ビールのおつまみに最適です。とのことですが、どう見てもGにしかみえません。パスで。

14.
イナゴ

画像:joshnjaxnjapan.blogspot.jp

「日本ではイナゴを砂糖と醤油で味付けして調理します。ご飯に乗せてクリスピーなお供になります。」とのことですが、実は、まじまじとイナゴをみるのは初めて。予想以上にグロですね…。ご飯に合うのでしょうか?

15.
地蜂せんべい

画像:joshnjaxnjapan.blogspot.jp

これはスズメバチがまるごと入ったおせんべいだそうです。こんなもの合ったのか!?と思って調べてみると、長野県大町市の大町地蜂愛好会が、2007年に市の名物として『地蜂せんべい』として商品化したそう。日本人ですが、あり得ない!

16.
タランチュラのフライ

画像:buzzfeed.com

カンボジアではクメール・ルージュ時代の食糧難をきっかけに、タランチュラをフライにして食べ始めたそうです。今日では美食とされ、「チキンと鱈の中間のような」と評されています。私はダメゼッタイ!なぜ、よりにもよってタランチュラを食べようと思ったのか、小一時間くらい問い詰めたいですな!

17.
馬刺し

画像:buzzfeed.com

我が日本が誇る美味、馬刺しです。とても美味しそうですね!欧米人には生で肉を食べるのが抵抗があるようですが、うまいですよ!

18.
フグ

画像:justhungry.com

欧米人いわく「日本人はこの猛毒のフグを珍味として食します。適切に調理すれば安全で淡白な魚だが、正に死と隣合わせの味です。」とのことですが、言われればまあ正論ですね。なぜ日本人は食べ始めたんでしょうか?

19.
白子

画像:supershy.wordpress.com

これがランクインしてしまいましたか!酒の肴にピッタリなんですが、まさに大人の味ですよね。食べなれない人にはキツイかもしれませんね。

20.
マグロの目

画像:buzzfeed.com

欧米人コメント「日本人は食材を無駄にしないのです。マグロの目はあっさりとして脂ののったイカのような味だそうです、お皿から見つめられて、食欲は萎えないのでしょうか?
」正直、あまり食べないですが、萎えるかといわれれば、萎えますね、私は。

21.
塩辛

画像:indigodays.com

日本ではよく食卓に並ぶ「塩辛」ですが、日本でも食べない人は結構いますよね。味も見た目のそういえばちょっとグロいかも。

22.
酔蝦(酔っぱらいエビ)

画像:best10travel.com

中国の珍味です。生きたままアルコールに漬け込んで酔わせた海老を食します。頭からかぶりつき、まだ動いている身を口に運びます。なぜ、酔わすんでしょうか?

23.
生タコの踊り食い

画像:YOUTUBE

韓国の珍味です。タコは生きているわけではありませんが、動き続けています。酔っぱらいエビに通ずるものがありますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。途中、ちょっとグロテスクな珍味もちらほらありましたが、すべてアジアで食べられている貴重な食料には違いありません。スズメバチせんべいはちょっと納得できかねますが、一度試してみてはいかがでしょうか?きっと、違った世界が見えると思いますよ。

元記事
buzzfeed.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク