こんな稼ぎ方が!?芸能人のお金の稼ぎ方、ギャラにまつわる噂話(1/2)

芸能人 ギャラ

画像:ガールズちゃんねる

スポンサーリンク

華やかな芸能界は欲の世界

画像:よしもとニュースセンター

華やかなイメージのある芸能界。芸能人を夢見てボイストレーニングやダンスを始めたという方も多くいると思います。

「注目を浴びたい!」
「人気者になりたい!」
そして…「お金持ちになりたい!」

そういった欲が芸能界を華やかにしていると言っても過言ではありません。欲があるからこそ、厳しい芸能界でも仕事をしていられるのです。しかし、息が短いのも芸能人の特徴。一度煌びやかな舞台に立っても、それを維持できる保証などどこにもないのです。

流行は恐ろしい速さで過ぎ去るもの。

それを誰よりも理解しているのが、芸能人が所属するプロダクション(芸能事務所)です。

芸能人のギャラというものは、月給制ではありません。芸能人の収入というのは、CM一本で○万円、テレビ出演で○○万円…というように単価計算され、その中から管理費や宣伝費などを事務所に差し引かれるという形が一般的です。

売れている間は、確かに莫大なお金が入ってくる芸能界。しかし、逮捕や事故などによるアイドルのイメージダウン、飽きられてしまったことによる一発屋と言われる芸人。そんな芸能人たちは、どうやって生活をしているのか気になりませんか?

日本中、世界中に顔を出してしまった芸能人が、サラリーマンやOLに戻ることなどできません。つまり、芸能界で生きていくしかないのです。では、ここでひとつ、そんな芸能人たちの収入源にまつわる噂話を…

パチンコ営業

画像:ガールズちゃんねる

パチンコ営業とは、その名の通りパチンコ店で営業することを指します。パチンコ店がギャラを払って芸能人を呼び、客寄せとして使うのです。元アイドルが覚醒剤で逮捕された事件は記憶にも新しいと思いますが、その当事者であるのりピーが、生活に困って始めたのもパチンコ営業なのだとか。

その他にも、さとう珠緒や加藤茶など、たくさんの目撃情報が寄せられています。しかし、残念ながら一流の芸能人は、煩いパチンコ店などでサイン会や撮影会などは行いません。つまり、パチンコ営業をする芸能人というのは、既に寿命を迎えた“落ち目”とされているのです。

とは言え、そこはさすがの芸能人。パチンコ営業一本につき、50万円~100万円ものギャラをもらっているそうです。時給計算をしてみれば、やはりオイシイ仕事と言えますよね。

一発屋芸人の生き残り術…実は稼いでいる!?

画像:blog.livedoor.jp/aaaaazuki21

「ゲッツ!」「残念!」「そんなの関係ねぇ!」「ワイルドだろぉ~?」「チッキショー!」「ダメよ~ダメダメ」

…どれも聞き覚えのある言葉ですよね。

時に流行語にもなるようなお笑いネタで、一度はお茶の間を爆笑させていた彼らですが、最近ではテレビで見かけることも少なくなってきました。世間では俗に、そうした芸人達のことを『一発屋芸人』と呼びます。鋭いギャグが一発しかなく、その他のギャグは世間に受け入れられず姿を消していく…これも芸能界の厳しい法則です。

彼らは一体、今どこで何をしているのか?

しかし、そんな一発屋芸人を憐れむのは間違い!彼ら芸人には、テレビ出演などしていなくても、ちゃんと稼げる方法というのが存在しているのです!
  1. デパートの屋上で漫才を披露
  2. 結婚式の余興でギャグを連発
  3. 学園際を盛り上げるためのゲスト出演
…こうした営業回りは、実はテレビに出るよりもギャラが高いと言われています。

「なんでだろ~なんでだろ~」
 
画像:MONKEY

こんな二人組の芸人さんもいましたよね。実は彼らには現在、営業回りで年収一億円という噂があります。頼む側も流行している漫才師を呼ぶより、一発売れた芸人のほうが知名度もあり、ギャラも安いので呼びやすいようです。

ちなみに…

パラパラダンスでブレイクした長州○力は、業界内でも有名な遅刻魔だそう。そうしたルーズな面が目立ってしまうと、営業にも呼んでもらえないことが多くなり、結局はサラリーマン以下の月収になってしまうとのことです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク