【TOEICは絶対に受けるべき】なぜ、企業は社員のTOEICを気にするのか

転職 英語 TOEIC

画像:english-hacker.jp

スポンサーリンク

さあTOEICを攻略しよう

現代のビジネスパーソンは、英語を必須スキルとして会社側から求められる時代になっている。その英語のスキルを推し量る手段として、企業側はTOEICのスコアを確認しそこから英語スキルの落第者と合格者を見分けるボーダーラインにしている。

なぜTOEICを企業側は
重視しているのか?

実は、TOEICのテストには、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4項目のテストがある。これら全てのテストの合計が1390点満点というテストの内容になっている。

この4技能型のテスト法は、世界のビジネスシーンから見ても一般的でありトレンドとなっているのだ。しかし、多くの日本企業では、TOEIC=リスニングとリーディングのテストと捉えており、事実上、日本の企業では、TOEICのテストはこの二つの攻略が重要となるのは間違いないだろう。

TOEICはどうやって
勉強すれば効率が良いか?

では気になるTOEICの勉強法であるが、実はTOEICの試験は、英語がビジネスシーンで使われる場面を想定している試験内容となっており、問題は論文などアカデミックな方向ではなく、Emailやレポートなどの実際のビジネスシーンで使われる内容で構成されている。

そのビジネスシーンでの英会話や話し方、イントネーションなどの勉強法にはどのようなやり方が有効なのか?

まずはリスニングであるが、こちらで点数をアップさせる勉強法は、
  1. CDを聞く
  2. 聞こえた音を英語に書きなおす
  3. 再度CDを聞き、間違いを確認する
  4. シャドーイング*
特にシャドーイング*に関しては、TOEICでスコア800点以上をマークした人たちのほとんどが有効かつ重要であると提言しており、これからTOEICの勉強法を考えている人は是非とも参考にして欲しい勉強法である。

*シャドーイングは、英単語を1、2語ほど聞いてすぐに、影 (shadow) のように後から追いかけて同じ内容を口に出す練習方法

次にリーディングの勉強法であるが、これは信用できる参考書や問題集を手に入れるのが一番のスコアアップの近道だと言える。どれくらいの得点を目指すのかにもよって、選ぶテキストは変わってくる。こちらのサイトはTOEIC受験者に人気のテキストをピックアップしたサイトなので参考にしてみると役立つだろう。この他にも「DUO3.0」などもおススメである。

ここまでTOEICの攻略・勉強法を解説してきたが、こちらのサイトにも詳細な攻略法や試験分析が掲載されているので参考にして欲しい。

勉強が進んでゆきある程度スコアがアップしてくると、成績が伸び悩みいくら努力しても限界という時がくる人が多い。そんな時ブレイクスル―してさらに高みに登る人の多くは、好きな英文小説などを読み英語に興味を持つことなのだと言う。何事も好きになるのが上手になるということなのだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク