【成功する転職】転職で失敗しない為にみんながチェックしていること

転職 準備 ビジネス

画像:LIG inc.

スポンサーリンク
現在、転職する人の割合は、高卒約4割、大卒約3割、と新卒から一つの会社で定年まで勤め上げる人は少ない。様々な理由があるが、転職してしまってやはり前の職場の方が良かったとか、転職先で全く活躍ができなくて後悔、という理由で退職する人は多い。
 
画像:ガールズちゃんねる

労働力の流動化が叫ばれて、昔ほど転職に対するイメージは、かなりライトになってきているが、転職を失敗で終わらせるビジネスパーソンも多いのが事実である。

転職に関して、現代の社会は門戸が広がっているように見えるが、実は入社してからが大変なパターンが多いのだ。そこでここでは転職する前の準備と注意点を話したい。

転職して何をやりたいのか

転職後もモチベーションを高く保ち、後悔しないために一番必要な材料は、転職する際の動機である。中でも、自分がしたい仕事や職種が明確であれば、労働環境のギャップが入社後見られたとしても、自分が目指した仕事という大義名分があるために自分自身を納得させることができ、転職後の後悔を軽減する効果がある。
 
画像:English Path

そのためには、転職を志したらひとまず自分がやりたい仕事や、自分の能力を自己分析することが肝要になる。またあまり人の流動性が高い職種や企業も、入社後に短期退職となりやすい傾向にあるので離職率もしっかりとおさえておきたい。

転職先で好スタートを切るために
スキルアップをしよう

画像:itokenv.com

ここで転職を決める前に、転職先の仕事と社風をできるだけ調べておかなければいけない。お世話になった今までの職場を退職する訳だから、よほどの覚悟で転職にチャレンジすることだろう。

だが、いくら本人に頑張る気力があったとしても、自分にその職場環境がマッチしなければよりよいパフォーマンスを発揮できない。しかし会社の中の事までは、就職してみないと中身を正確に捉えることは難しい事だろう。だがある程度の噂や、人の話・ネット情報などから会社のイメージを自分なりに作っておけば、入社後のギャップはさほど大きくならないだろう。
 
画像:Syufeel

次に、転職が決まれば後は転職先での仕事を前もって考えなければいけない。その転職先の職場でどのような仕事をすれば、好スタートが切れるかイメージしておく必要がある。相手は自分に即戦力となるような人材を求めているので、相手の期待を凌駕し活躍しなければならない。そのために、転職前から必要な資格取得に向けての勉強や、体験しなくても読むだけで経験を得れる書籍(ワードエクセル・簿記などの専門的なものなど)を読んでおけば何の準備無しに入社する人とは大きな差になることだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク