【100億超えなんて当たり前!】人類史上もっとも儲かったツアーコンサートTOP15(1/2)

コンサート ライブ ツアー 興行収入

画像:girlsvip-matome.com

スポンサーリンク
ミュージシャンの主な収入源となっているものは、実はレコード(CD)ではなくツアーコンサートです。チケット代はアルバムの値段をはるかに凌ぐにもかかわらず、コンサート会場での関連グッズは飛ぶように売れていきます。人類史上最大の「パンとサーカス」であり、その背後で天文学的数字の金額が動きます。

それでは、人類史上もっとも興行収益を挙げたツアーをカウントダウン形式でお楽しみください!

15位
ボン・ジョビ - Because We Canツアー(311億3481万円)

画像:therichest.com

ボン・ジョビ(ニュー・ジャージー州出身)は、2013年Because We Canツアーで、オーストラリア、北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを回り大成功をおさめ、彼自身の最高記録をとともに、史上15番目の興行収益を挙げたツアーとなりました。

「You Give Love A Bad Name」や「Livin’ On A Prayer」に代表されるナンバー1ヒット曲を持つ超人気アーティストですから、世界ツアーの成功は驚くことではありません。

14位
ローリング・ストーン - Bridges to Babylonツアー(328億7452万円)

画像:therichest.com

1997〜1998年のBridges to Babylonツアーでは、驚異的な329億円の興行収益!少しは満足(Satisfaction)でしょうか。なんと言っても終戦間もない1960年代から、ビルボード・チャートのトップ100入りし続けているバンドですから…。彼らのファンは正にジェネレーションを超えています。

13位
セリーヌ・ディオン - Taking Chancesツアー(334億9842万円)

画像:therichest.com

彼女の10年間続いたラスベガス公演の興行収入は4億ドルを超え、2007年に幕を閉じました。この2008〜2009年ツアーが13位に入るのは当然でしょう。ニューズウィーク誌はプレスリー以来の素晴らしい公演であったと、カナダのケベック州出身の甘いラブソングを歌い上げる歌姫を絶賛しています。彼女は英語だけでなくフランス語も話せるので、フランス語圏ではフランス語で訴えかける強みがあります。

12位
ワン・ダイレクション - Where We Areツアー(348億1561万円)

画像:therichest.com

ゼイン・マリクの脱退によってポップ・ミュージック界で最も収益を挙げたグループは活動の幕を閉じることになりました。2010年にイギリスのテレビ番組「Xファクター」への出演以来、アメリカだけで650万を超えるセールスを記録し、ビルボード・トップ100に19曲を送り込み、彼らの4枚の全アルバムが1位発売を果たしています。キャッチーな楽曲と少年っぽさの魅力が、音楽産業史に「新人」がその名を刻むこととなった、2014年Where We Areツアー成功の理由です。

11位
マドンナ - The MDNAツアー(366億1290万円)

画像:therichest.com

1983年のファーストヒット以来、その知名度は衰えを知らず、外見や若さだけでは成功できない時代にあって、衰えを見せる大物ポップスターたちを尻目にいまだにその勢い緩めていません。MDNA というツアータイトルはアルバムセールスの大失敗の後に決定されたものでしたが、史上10位の興行成績を挙げました。ストーンズ同様、多くの世代のファン層を持ち、古いナンバーは昔ラジオで聞いていたファンを惹きつけ、トレンディーなプロヂューサーによる最新ナンバーは新たなファン層に訴えかけます。

10位
ローリング・ストーン - Licksツアー(373億1378万円)

画像:therichest.com

再びストーンズが登場です。2002年に40年間のキャリアを振り返る2枚組みのコンピレーション・アルバム「Forty Licks 」をリリースし、批評家が最近の作品の中ではかなりデキが良いと認める4つの新曲が収められています。2002年から2003年にかけて公演されたLicks ツアーではストーンズが再認識され、絶対的地位を得たといえるでしょう。3億ドル以上の驚異的興行収入を挙げ、アルバムは4度目のプラチナを獲得しました。

9位
ローリング・ストーンVoodoo Loungeツアー(383億9360万円)

画像:therichest.com

3度目のストーンズ。1994〜1995年のVoodoo Lounge ツアー が9位に入りました。3.2億ドルという結果は彼らがコンサートから大きな収益を挙げていることを示しています。Voodoo Loungeと言うアルバムはダブル・プラチナを記録、当時の時点で彼らの最高売り上げをマークした作品となり、4人になったストーンズ(B:ビル・ワイマン脱退)彼らの再出発となったと評されました。

8位
ブルース・スプリングスティーン - Wrecking Ballツアー(426億4868万円)

画像:therichest.com

アメリカのブルーカラー詩人」と言われてきましたが、全世界での成功を結果が示しています。2012年‐2013年のWrecking Ball ワールド・ツアーでは3.5億ドルを超える興行収益を挙げました。ツアータイトルはローリング・ストーンズ誌が2012年ベストアルバムとした彼の最高傑作アルバムにちなんで命名されたものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク