青森の母、木村藤子の霊能力がヤバイ・・・飯島愛との関係性

木村藤子 飯島愛

画像:Topics

スポンサーリンク
霊能力、一般の方にとっては、神秘的で魅力のある力にうつりますよね。今までにテレビを賑わせた「本物の霊能力者」は多数名前があげられていますが、その中でも「ヤバイ」とまで言われるほどの強力な力を持った方がいます。

木村藤子、青森の母と呼ばれるその人は、テレビ史上かつてない伝説を残したのです。
 
画像:YOUTUBE

青森の母と呼ばれるまで

木村さんは、地元青森で静かに霊能力者として実績を積んでいました。今やテレビやネットなどで名前を売っていくしか有名になれる機会はない・・・とされているのですが、木村さんの場合は地元で起こったとある事件によりその名を上げたのです。

それは、青森県の某デパートの催しもの「爬虫類ショー」でニシキヘビが逃げ出したことから始まります。ショーの開催者は非常に困り、木村さんを頼ったのですが、なんと木村さん…難なくニシキヘビのいる場所を透視し、言い当てたのです。このことから、木村さんは「青森の母」と呼ばれるまでに有名な霊能力者となったのです。

しかし、木村さんの伝説はここで終わりません。

飯島愛の死を予言していた!?
その偉大な透視能力

TBSの人気番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」という番組で、木村さんの力は明らかなものとなりました。この番組にレギュラーとして出演していた飯島愛さん。非常に残念なことですが、飯島愛さんは2008年のクリスマスイブの日・・・自室で独り亡くなっているのを発見されたのです。享年36歳という若さでした。

飯島さんは人気絶頂のときに芸能界引退を宣言し、話題となりましたね。出演した最後の金スマでは、涙を流し「一瞬だけどね・・・やめたくねぇ!って思っちゃった・・・そう思わせてくれてありがとう!」と笑顔でスタジオを後にした飯島さん。

しかし・・・同番組内に、木村藤子さんが出演した時のこと。木村さんは、飯島さん引退についてこう言っていたのです。

「やめないほうがいい・・・」

そして、こうも言ったのです。以下、飯島さんと木村さんの会話です。

木村:今日、あなたにとってとても辛いことを言うと思う

飯島:・・・その話を聞いて・・・私は耐えられますか?

木村:・・・多分無理だと思う

そして、マイクの入っていない場所で、木村さんは飯島さんに、しきりに説得するような形で何かを言っていましたが、マイクが入っていない状態でしたので、番組では飯島さん「怖ぇ!」「ヤダ、あたし帰る!」という声しか放送されていませんでした。

そして、飯島さんは芸能界を引退・・・翌年、肺炎で亡くなりました。

木村さんは飯島さんになんと言ったのでしょうか?しかし、タイミングがここまで合えば、飯島さんに死の影があることを伝えていたということは想像できますよね。一説によると、木村さんが飯島さんにマイクオフの状態で言った言葉とは

「(もって)あと二年」

と言われています。

飯島さんの芸能界引退の理由となった腎盂炎という病気のことを言ったとされています。実際に飯島さんの死因は不可解なことばかり。飯島さんの遺体は死後一週間経ってから発見されたのですが、死因は「肺炎」と発表されました。しかし、発表された時期が「通常よりも司法解剖の時間がかかりすぎている」と噂されています。

飯島さんは、「女子高生コンクリート殺人事件」に関係しているという噂や「闇社会の人との関わりを持っていた」という噂が広まっていました。自殺なのか他殺なのか・・・それとも本当に肺炎だったのか。今も多くの謎が残ります。

しかし、彼女ほどの人気芸能人がクリスマスイブに独り・・・しかも一週間も発見されない状況でいたという事実。悲しい背景がうかがえます。もしかしたら木村さんは飯島さんを孤独死から救おうとしていたのかもしれませんね。

木村さんが番組内で、必死に他の出演者に「皆さん、飯島さんをとめてください」とうったえていたのは、きっと彼女を闇から救い出したいと思ったからではないでしょうか。

木村藤子が語った・・・
その後の飯島愛は笑っていた

木村藤子と言えば飯島愛・・・。それほどまでにお茶の間で目に見えぬ力を立証した今回の霊視。木村さんは、今も霊能力者として多くの人々を救っています。そんな木村さんの口から、飯島さんの「その後」が語られました。

「私が自殺者の霊を上に導こうとしたとき・・・飯島さんもフラッと来ました。・・・彼女ニッコリ笑っていましたよ」

是非そうであってほしい。彼女の笑顔をテレビで観た事がある方なら同じ思いのはずです。そして木村さんには、今後も活躍してほしいと心から思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク