【これであなたも富裕層?!】自分を金持ちに見せる方法10選・・・ッ!(1/2)

金持ち リッチ 富裕層

画像:therichest

スポンサーリンク
もし本当にその気になれば、世界中を欺き大富豪だと思わせることは可能です。コツは堂々とした態度をとることが肝要です。

#10.
高級車をレンタルする

画像:therichest.com

誰にも、人生において「ここぞ!」というときがあります。どこかに姿を現して、みんなの視線があなたに注がれるときのように。ピント(フォード製の大衆車)では誰も相手にしません。ここぞというとき(例えば高校の同窓会)に、時間貸しのスポーツカーを借りれば、それほどの高額にはならず、どれほど上流階級に成り上がったかと思わせることができます。

#9.
高級ジュエリーと時計

画像:therichest.com

人が互いに値踏みし合い、裕福さを推し量るアイテムガ装飾品です。高級そうなブランド物の時計や明らかに高価なジュエリーがあれば上手く欺くことができます。本物の高級品をつけているかどうかを見定めるのは困難なものです。これはあくまでも社会的地位を本当の自分よりも少しだけ良く見せているだけで、罪なことではないのです。

#8.
偉そうな態度

画像:therichest.com

実際のところ、多くのお金持ちは、そうでない人に対して彼らのほうが優れていると考えています。ですから裕福だと思われたければ、取り巻きが不可欠です。慇懃無礼である必要はありませんが、いつも取り巻きに囲まれているフリをするということです。やり切るか、やらないかの選択です。

#7.
派手な帽子

画像:therichest.com

もし、上流階級装うのであれば、最高級の派手な帽子が必要です。男性ならば山高帽かフェドーラです。高価ですが、高級な帽子を被っているほうがベースボール・キャップを被るよりも潜在意識に強く訴えます。上等な帽子は、一目で社会的地位が高いと思わせます。ケンタッキー競馬場でお金持ちが被っているド派手な帽子をご存知ですよね。

#6.
食べ物の知識

画像:therichest.com

お金持ちが好きなことの一つに食べ物や食文化に関する薀蓄をひけらかすことがあります。友達との食事時に、いつものベーコンバーガーじゃなくトリュフバターで狐色に焼きあがった「神戸ビーフ」を注文すると一目置かれます。

食べ物と味覚の取り合わせに関するうんちくと、何を食べるとアッパークラスと思われるかに関する知識が必要です(ヒント:カモ、ラム、神戸ビーフなどが一例です)。ただし、成功した場合に食事代をおごらされるハメになるかもしれません。ちょっとした見栄のために。
スポンサーリンク
スポンサーリンク