パリの地下に存在するほんとうに怖い心霊スポット『カタコンブ・ド・パリ』に迫る!

カタコンブ・ド・パリ 心霊スポット フランス

画像:DNA

スポンサーリンク
フランス、それもパリと聞くと、お洒落で洗練された街という印象を持たれるのではないでしょうか?しかし、実はそんなパリの街の地下には、最恐スポットとも呼べる場所<カタコンブ・ド・パリ>が存在します。
 
この地下に広大ば墓地が!?
画像:らばQ

カタコンブとは地下墓地を意味しますが、パリにあるカタコンブは世界でも最大規模を誇ります。実際には、墓地として使われたことは一度もなく、骨を納めるための場所として用いられたものですが、旧市街の城門の南側にある地上の入り口から地下に降りると、そこには華やかなパリとは全く違った異世界が広がっています。
 
画像:kabar-aneh.com

全長1.7km以上にも及ぶこの地下に広がる死の帝国には、見る者を圧倒するほどの骨が納められています。600万体以上もの骸骨が納められているそうですが、骸骨が積み重ねられて出来ている骸骨の壁など、誰が誰の骨なのかさえ全く判別が付かない有様となっています。

それもそのはず、カタコンブ・ド・パリとは、以前はサン・イノサン教会の教会墓地にきちんと埋葬されていた人々の骨を移動させるために改装された場所だからです。
 
画像:kabar-aneh.com

カタコンブ・ド・パリの出来た背景には、17・18世紀当時のパリの衛生状況が大きく関係しています。

当時のパリは、今の美しいパリの町とは似ても似つかぬ状態でした。上下水道が完備されていなかったため、町の通りは家畜はもちろん、人々の糞尿で溢れ返っており、現在のパリジェンヌが憩うセーヌ川はゴミで埋め尽くされ、まるでドブ川という様子でした。

しかも12世紀から墓地として使用されていたサン・イノサン教会の墓地は、もはや死人を埋葬する場所がないほど満杯状態だった様です。パリの町はゴミと糞尿と死体の腐敗臭といった異臭に包まれ、そんな酷い衛生状態のために病気になり、命を落とす人も少なくなかったと言います。

1780年には、パリの地下にあるワイン貯蔵庫の壁が、地下に埋葬された死人のあまりの数に耐え切れずに倒壊してしまう事件まで起こりました。そこで1786年から1788年に至るまで、パリの地下に埋められていた大量の遺骸を掘り起こし、洗浄した後に以前は採石場として使用されていた現在のカタコンブ・ド・パリに移動する事業が行われました。

その後もカタコンブ・ド・パリは、無名の人々や著名人の骨、ギロチンで処刑された多くの人々の骨などを納める場所として利用されて行きました。

1806年には、恐いもの見たさに背中を押された酔狂な人々の関心を引き、最初の観光ツアーが始められ、現在に至ります。そんなカタコンブ・ド・パリは、心霊写真が撮影できるかも知れない場所として、現在でも世界中のオカルトファンを惹き付けて止まない観光スポットとして有名となっています。
 
画像:kabar-aneh.com

せっかく永遠の眠りに就いたのに、掘り起こされて壁にされてしまった死人たちの気持ちを思うと、ちょっと切なくなってしまいますが、パリに出掛ける機会があれば是非訪れてみたい観光スポットですね。

出典:
kabar-aneh.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク