【ドッキリ】世界的に有名なバイオリニストがストリートで演奏した時の人々の反応は!?

ドッキリ ジョシュア・ベル ストラディバリウス

画像:Media Station

スポンサーリンク
アメリカ・ワシントンDC。官庁街位置し、日に数万人の人々が行き交う地下鉄のランファン・プラザ駅構内。2007年1月の寒い朝の通勤時間のことでした。

野球帽をかぶった1人の若いストリート・ミュージシャンが、おもむろにバイオリンを取り出して、演奏を始めます。曲目は、バッハの「シャコンヌ」はじめ6曲。通勤ラッシュの時間帯に構内に響き渡る、限りなく優雅で美しく、そして切なくロマンティックな旋律。

演奏を始めて3分後。1人の中年男性が演奏に気付き、歩く速度を緩めました。数秒立ち止まりましたが、急ぎの用があったのでしょう、足早に去って行きました。

それから4分後。帽子に最初の1ドルを投げ入れられました。この女性は、立ち止まらずにそのまま歩き去りました。

6分後。若い男性が演奏を聴こうと壁によりかかりましたが、腕時計を見たあと立ち去りました。

10分後。3歳ぐらいの男の子が立ち止まりました。しかし母親が、「早く、行くわよ!」いうふうに急かせました。男の子はまた立ち止まり、聴きたそうにバイオリニストの方を振り返りましたが、母親に急かされてその場を離れていきました。こういう子供は、このあとも数人いました。でも毎回、親に急かされてその場を去っていきました。

45分後。演奏は続きます。ここまでで、ほんの数秒でも立ち止まって演奏を聴いたのは、たったの6人。立ち止まらずにお金だけくれたのは20人。この日このミュージシャンが得られた金額は、合計$32でした。

1時間後。彼は演奏を止めました。誰からも拍手はありません。彼が誰なのかは、ほぼ認識されませんでした。彼が有名な演奏家であることに気付いたのは、たった1人だけでした。

このストリート・ミュージシャン、実は彼は世界的に超有名なバイオリニスト、ジョシュア・ベル氏でした。さらに、彼が弾いていたバイオリンは、4億円以上の値がつくとさえいわれる名器「ストラディバリウス」です。
 
ジョシュア・ベル氏
画像:jp.medici.tv

この試みの3日前、彼はワシントン市内のボストンシンフォニーホールでコンサートを行いました。平均価格$100だったチケットは完売。同じ演奏を聴くために集まった人々で、コンサートホールは満員だったのに・・・。

これは、アメリカの新聞社、ワシントンポスト紙のコラムニスト、ジーン・ワインガーデン氏によって、実験的に行われた企画です。素晴らしいものを素晴らしいと認識する力、嗜好と人々の優先順位。ワインガーデン氏はこの企画を特集記事にして発表し、2008年、ピュリッツァー賞を受賞しました。

この試みから発せられるいくつかの問いかけには、考えさせられます。
  1. 状況にそぐわないような場所、時間においても、人々は美しいものや価値のあるものを、そうだと見抜くことができるのか?
  2. 見抜くことができたとして、鑑賞するために人々は立ち止まるのか?
  3. 予想外の状況でも、人々は、才能がある者を見い出すことができるのか?
世界一のバイオリニストが、世界で最も美しい楽器を使い、最高の演奏をしているのに立ち止まって聴かなかったのだとしたら、忙しすぎる人生において、人々はどれだけのものを見逃してしまっているのでしょうか?
 

出典:
www.maniacworld.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク