【虐待】亭主と娘が怪我をして動けない母親を放置!母親は糞尿も処理できずそのまま餓死・・・ッ!?(2/2)

虐待 ネグレクト ドイツ

画像:青森県警察

スポンサーリンク

憎しみからの復讐だった!?


裁判で検察官側は「女性が転倒して動けなくなったのに医師を呼ぶこともしなかった。しかも彼女に対して水も食事も与えようとしなかった」と2人の被告人を非難しています。

そしてさらにマルクワット検事は「この49歳の女性は体重が26キロまで減っていて、傷口にはウジ虫がわいていた。おまけに彼女の背中は露出したままで、横になっていたソファーには彼女の尿がたっぷりとしみこんで汚れていた」と述べています。そしてこの女性は結局5月に死亡したのでした。

検察官側はこの事件について「動機は憎しみによる復讐である」と述べています。調べによると死亡した女性はアルコール中毒になってから家族の面倒を全くみなかったとのことでした。そんな彼女に対して夫と娘が恨みの気持ちを抱くようになり、今回のようなかたちで復讐したのだという見解を示しています。

今後8回にわたって行われる裁判で「家族の悲劇ドラマ」の全貌が明らかにされると思われます。

出典:strn
スポンサーリンク
スポンサーリンク