【ポルターガイスト?!】憑かれた車に殺されると信じている男性が助けを求める!

イギリス ポルターガイスト 憑依

画像:YOUTUBE

スポンサーリンク
曰くつきの品物は、確かにこの世に中には存在すると言えるでしょう。ここで言う曰くつきとは、つまり「憑かれている」モノのことを指します。

イギリスに住むPaul Fridayさん(54歳)は、自分の所有する仕事用のバンが明らかに邪悪な霊に取り憑かれており、自分はいつしかそのバンに殺されるだろうと考えていたそうです。一体何が彼をそう思わせていたのでしょうか?まず、ことの起こりは約1年前に新しいジェネレーターを購入したことから始まったそうです。

なんとそのジェネレーター、新しいものであるにも関わらずすぐに壊れてしまい、修理を繰り返す羽目になってしまいました。壊れては直しを繰り返し、遂には修理屋も「これは何か憑いてるんじゃないか?」と疑ったそうです。
 
画像:Mirror

その後、Paulさんの家と車の中で、変なことやポルターガイストが起こり出しました。そこでPaulさんは霊払いの人を教会から呼んでくることにし、どうにかして助けてくれるよう救いを求めました。

悪い霊を払う儀式が行われ、お祓い師の人が言うには霊はもう全て清められたとのこと。しかし安心したのも束の間、バンの中では前よりも一層ひどいポルターガイストが起こるようになってしまったのです。
 
画像:Mirror

ついには、霊感が強いことで有名なWendy氏を招いてバンの中を見てもらうことにしたPaulさんですが、彼女は30分もバンの中に留まるとひどく憔悴しきった様子に陥ってしまいました。

彼女が言うには、「とても強力な霊が憑いている。早くこれを取り除いたほうが良い。」とのこと。しかし、霊を取り除くにも、もう一体誰に頼って良いか分からなくなってしまったPaulさんは、とうとうバンを売却することにしました。

超有名オークションサイトのeBayで売却しようとしたところ、なんと彼はポルターガイストの抵抗に遭います。友人がPaulさんのためにオークションサイトにバンを出品したところ、その翌日バンの後部の床が一人でに裂けてしまっていたそうです。

このままでは自分の命も危なくなる、益々霊の力も強くなっていっていることに恐れをなしたPaulさん。遂にはバンを売却することを取りやめ、代わりにスクラップにしてしまったそうです。

そうして、この一件は落着することになりました。Paulさんの場合、命に危険が迫る前に処分をしてしまって本当に良かったのではないでしょうか。ところで、かつてeBayに憑かれたPCが出品されていたことをふと思い出してしまいました。当時は、ニュースにもなったものですが、現在あのPCは一体どこの誰が所有しているのでしょうか?

ちょっと背筋がゾッとすると同時に、オークションでの買い物は十分気を付けないといけないな、と思わせてくれるニュースでした。

参照サイトURL:
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/man-van-haunted-poltergeists-believes-6437339
スポンサーリンク
スポンサーリンク