錬金術で不老不死?世界一謎が多い実在人物サンジェルマン伯爵とは?(1/2)

サンジェルマン 不老不死 錬金術

画像:beautifullmind.com

スポンサーリンク
世界には、謎に満ちた人物がたくさん存在します。そんな人物の一人、実在の人物として知られており、多才で教養に富み、謎多き人物として知られている、サンジェルマン伯爵についてご紹介したいと思います。

サンジェルマン伯爵の出生については謎が多く、一般的にはスペイン王妃の私生児であろうと言われています。彼が歴史の表舞台に登場したのは彼が67歳の時であり、かなりの高齢であったにも関わらず、フランス国王ルイ15世の時代の宮廷で、一躍時の人となり話題をさらった人でもありました。

70に手が届くほどの年齢にも関わらず、彼の容姿は40歳ほどにしか見えず、かつて彼に出会ったことがある貴族のご婦人たちも、彼が以前とまったく変わらない容貌をしているのに驚きを隠せなかったようです。

また、彼の博識さも当時の人々を大変驚かせました。ヨーロッパ中の言語の他にもアジアの言語など10カ国語以上をマスターしており、チベットや日本のことまで彼はよく知っていたというのです。

サンジェルマン伯爵は一時期、ロンドンで作曲家やバイオリニストとして活躍していたり、多彩な職業歴があります。しかし、彼の本当の職業は「錬金術師」だったとされています。しかも彼は、錬金術によって『賢者の石』という不老不死と、あらゆる物質を完璧な物に変える力を持つ石を手にしていたと言われています。

そのため、彼が一向に歳を取ってみえなかったり、高価なダイヤモンドをあしらった服装をするなど、かなりの財力があったことなど、全て賢者の石のおかげであると多くの人々は考えていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク