ドイツ式『オタク度テスト』が面白い。あたなはオタクの四天王になれるか!?

ドイツ オタク度テスト

画像:jin115.com

スポンサーリンク
日本が世界に誇るオタク文化。ドイツでもマンガやアニメに熱中している人はたくさんいます。そこで、あるドイツのサイトにあった【オタク度テスト】の一部を紹介してみます。

ドイツ式オタク度テストサイト

画像:testedich.de

このように、設問に答えるとオタク度が計測されるようですね。では、設問を日本語にしてみます。

01.
あなたはオタクと呼ばれたらどう感じますか?

  1. なんだか胸に突き刺さる、疎外感を感じる。
  2. 自分でもそう思うから納得する。
  3. 真実を言ってくれたとその意見を尊重する。
  4. そんなことを言った奴は机上だけでモノを考えるタイプの奴だ。

02.
自分の 趣味にどのくらいの時間を費やすか?

  1. 全ての時間。読書するならマンガ、音楽をきくなら日本の音楽。
  2. よく趣味にのめりこみ、やるべきことができずに困ることがある。
  3. アニメとマンガは一番の趣味だけど、他にも趣味はある。
  4. 暇な時だけじゃなく全ての時間を趣味に費やしている。もちろん「あの時」だってアニメのキャラのことを考えているよ。

03.
あなたは今までにマンガを日本から輸入した経験があるか?

  1. ここで販売されているもので満足している。
  2. いつも輸入している。
  3. マンガ輸入に大金を費やしているがどうしても諦められない。オリジナルは読んでも理解できないけれど手にとるだけで満足する。
  4. 輸入した経験があるけれどやはり高すぎる。
  5. ここで販売されていないマンガでどうしても欲しい物は輸入する。しかしアメリカからか、もしくはインターネットで翻訳されているもの。読めなくちゃ意味がないから。

04.
日本語が好きで日本語版のアニメだけを観ていますか?

  1. 日本語の単語をよく使い、日本語にも興味がある。でも日本語版がわからない場合にはドイツ語版を観る。
  2. オリジナル版にこだわっている人はおかしいと思う。
  3. 日本語を習っていて、1人でいる時に時々日本語を使う。
  4. アニメの登場人物が喋るのをきいていると落ち着くから、字幕がなくても日本語版のアニメを観る。
  5. 日本語が好きで習いたいと思っている。アニメは日本語版しか観ない。

05.
アニメのイベントに参加したことは?

  1. 友達と一緒によく参加する。
  2. 行ったことはないけれど、きっと面白いと思う。参加するのは1人でも友達とでもどちらでもよい。
  3. 一度行ったことあることけれどとても楽しかった。でも1人では参加したくない。
  4. よく1人で参加。コスプレの写真をとったり、自分でコスプレしたり、グッズを買ったり、同じような趣味の人とゲームしたりと面白い。

06.
ひと月にどのくらい外出するか?
(学校、大学、仕事、買い物、医者、銀行以外で)

  1. よく集まってパーティーする。
  2. 友達のところへ時々行く。
  3. 1カ月に1回くらい。
  4. 1週間に1回程度。時々それ以上とそれ以下の時もあるけど、その時には友達と会う。
  5. 全く外出しない。
ではこのテストをした人のオタクに対する賛否両方のコメントを紹介してみます。
 
テストの結果は、、、。まあね。自分はオタクではなかったよ。他の趣味もあるし友達と騒ぐしね。オタクだから人とは違った人生を送るなんて偏見だと思うよ。このテストはなんだか気に入らなかったよ。
 
オタクは本当のアニメファンにとっては軽蔑の呼び名じゃないよ。オタクと呼ばれることを誇りに思っているさ。なぜならアニメとマンガにすごく詳しくて、自分の趣味に多くの時間を費やしている証拠だからね。オタクを軽蔑の対象にするのは視野が狭い人間だよ。

出典:http://www.testedich.de/quiz24/quiz/1192388834/Der-Anime-OTAKU-Test
スポンサーリンク
スポンサーリンク