号泣・島田秀平のガチの恐怖体験、軽井沢編

島田秀平 軽井沢 大橋

画像:www.spapp.jp

スポンサーリンク
手相芸人として活躍している号泣・島田秀平さん。テレビ番組などでも都市伝説や恐怖体験を話している姿をよく見るようになりましたよね。

もともと島田さんは“号泣”というコンビで漫才をしていたのですが、解散。そして、手相占い師としての頭角をあらわし、その後都市伝説や怪談話などの場でも活躍し大ブレイク。そんな島田さんですから、自身が体験したという話もシャレにならないようなとんでもないことばかり…

島田さんは、数々の番組で恐怖体験を語っていますが、こちらでは島田さんの話の中でも「ヤバすぎ」という話をご紹介いたします。

ロケで肝試し…
絶対にしてはいけないことをした

島田さんは、心霊スポット周りの番組のロケで、長野県の軽井沢大橋を訪れました。軽井沢大橋とは、地元でも有名な心霊スポット。身投げする自殺者が多いことで知られています。
 
軽井沢大橋
画像:ウィキペディア

この軽井沢大橋は未だに肝試しする方も多いのですが、その際に“絶対にしてはいけないこと”というものが二つあるそう。
 
  1. 橋の上で車のエンジンを停止してはいけない
  2. 近くの神社の鳥居をくぐってはいけない
絶対に守らなくてはならないルールなのですが、島田さんやスタッフは番組を盛り上げるために、あえてこの二つのルールを破りました。

一見、何も起こらなかったように見えたロケですが、島田さんたちは驚愕することになります。この軽井沢大橋の下には「湯神」と書かれた祠があったそうなのですが、その「湯神」の字が、不自然に「漢字の右部分だけ」が消えていたそうなのです。

…わかりますか?

「湯」「神」の右部分を消すと、“さんずい”と“しめすへん”だけ残ります。

何て読めますか…?

「シネ」

その後御祓いを受けに行くが…

明らかに、このロケで呪われたと感じた島田さんとスタッフは、御祓いをするために神社に行きました。しかし、島田さんは多忙な時期だったため時間がなく、神主さんに「次の仕事があるので出来るだけ早く帰りたいのですが…」と告げました。

しかし、神主は当然のようにこう言ったのです。

「ムリムリムリ!20体以上憑いてるもん!自殺者の霊がね!」

島田さんは倒れそうになるほど恐怖におののいたそうです。やはり、肝試しはルールを守るべきですね。

軽井沢大橋にまつわる不気味な話

軽井沢大橋は、「大橋」とは言ってもそれほど大きな橋ではありません。しかし、100メートル以上の断崖絶壁の上にありますので、橋から身を投げて自殺をする方が絶えないのだそう。
自殺防止のために有刺鉄線が張ってあるのですが、ところどころ補修した跡が残っています。
 
下を覗き込むと…
画像:www2s.biglobe.ne.jp/~frogs/karuiz.html

島田さんも言っていましたが、補修するということは誰かが有刺鉄線を切ってまで身を投げた…ということになりますよね。自殺者のための供養の花も見られ、交通事故も絶えない橋です。肝試しに行く際には「帰れなくなる」という覚悟が必要かもしれません…

参考:
ウィキペディア
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク