インターネットの亡霊『深層Web』から発見された謎のゲームが超怖い?!『Sad Satan』に震えて眠れ!

Sad Satan 深層Web ゲーム

画像:カラパイア

スポンサーリンク
Googleをはじめとする通常の検索エンジンは、クローラと呼ばれるプログラムを使ってネット上の情報を収集、データベース化しています。しかし、一定の手段を用いてクローラによる情報収集を遮断することが可能です。

クローラが情報収集できなかったウェブサイトは当然検索することができません。このようなネット上に存在しながら隠されている情報を“深層Web”と呼びます。“深層Web”の情報は専用の検索サイトを用いることなどで検索が可能です。

“深層Web”には犯罪を目的とした不正なデータやプログラムも数多く存在しています。そんな危険極まりない深層Webから、正体不明のゲームが発見され、話題を呼びました。

謎のゲーム“Sad Satan”とは?

この謎のゲームが発見されたのは2015年7月のこと。製作者もゲームのタイトルも不明で、ファイル名から『Sad Satan』と呼ばれています。

このゲームの存在を公表したのは、ホラーゲームのプレイ動画等をYouTubeで配信しているチャンネル、『Obscure Horror Corner』です。同チャンネルの運営者の元に、チャンネル加入者から謎のゲームの存在が知らされ、運営者はその情報に基いて件のゲームを入手、プレイ動画をYouTubeにアップしました。

以下がその動画です。
 
 
ゲームのシステム的には一人称視点でマップ上を移動するFPSに近いですが、できることはただ、不気味なマップの中を歩きまわることだけです。一部を除いて画面は基本的に白黒で、全く意味不明の構造をなす通路を進んでいくだけでもかなりの恐怖感を味わうことになります。

時折、これもまったく意味不明の画像が挿入されることがあります。テレビドラマ「ハンニバル」の1シーンや英国の団体である全国児童虐待防止協会(NSPCC)の記念写真など、なぜそれらの画像が使用されているのかまったく謎です。

ゲーム本体のファイルにはウイルスが仕込まれていたという報告がされています。また、プレイするごとにデスクトップ上に意味不明のテキストを羅列したテキストファイルが生成されると言う話もあります。

更に、『Sad Satan』の発見と同時期、YouTubeから『Sad Sad Satan』というタイトルの動画がアップされているのが発見されています。こちらも意味不明の映像ですが、一部殺人を示唆していると考えられる場面もあり、その正体について議論が起こりました。
 


製作者も制作意図も一切が不明、というところに恐怖感を抱かずにはいられないこのゲーム。現在もなお、その正体は謎のままです。

出典:
togetter.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク