恐怖の儀式、ひとりかくれんぼ…ネットで実況した男が実際に体験したこととは?!(2/2)

ひとりかくれんぼ 実況 怪談 オカルト

画像:おたくじゃないもん!

スポンサーリンク
彼も他の実況者と同様、軽い気持ちでインターネットでひとりかくれんぼの実況をしました。やり方は軽くネットで調べた程度で自己流でしたが、ほぼ手順は踏襲できていた程度。ぬいぐるみを持っていなかった彼は、「てるてる坊主」で代用しました。

そして、かくれんぼスタート。

彼が隠れたのはコタツの中。隠れている最中は「携帯の電源が切れる」以外、目立ったアクシデントもなく進みました。

そして、かくれんぼを終了させるために、彼はてるてる坊主を探しに行きます。しかし・・・隠したはずの浴槽にてるてる坊主が見当たりません。不安に駆られた彼は、必死になって、てるてる坊主を探し回りました。もし、てるてる坊主に「負ける」ことになれば、それはすなわち・・・

最悪の結末を避けるためにも、彼は必死に家の中を探し、母親の仏壇のある部屋に行きました。しかし、ここで不自然なことが起きます。母親の遺影が逆さまになっていたのです。

しかし、てるてる坊主を探すのに気を取られていて、母親の遺影の異変はあまり気になりません。仏間にもてるてる坊主はいなかったので、最後に押入れを探すことにした彼。でも、押入れの中にもてるてる坊主はいません。

そんなときに、先ほど探した仏間から音がしたのです。恐る恐る仏間に入ると・・・そこには異様な光景が!てるてる坊主が、仏間の電気の紐に逆さまにぶら下がり揺れていたのです。

彼はそれを目にした瞬間、おぞましい過去の記憶がフラッシュバックしました。

「俺のカーチャンってこの部屋で首吊り自殺して死んだんだよね」

彼は掲示板にこんな書き込みを残しています。

ちなみに、彼はてるてる坊主を仏間で発見した際、気を失ってしまったそう。そして目覚めた時には、てるてる坊主はなくなっていたそうです。

彼は、一応てるてる坊主を見つけたので、かくれんぼに勝ったということでしょうか。それとも「僕の勝ち」と言えなかったので負けなのでしょうか?

どちらにしても・・・この遊びは危険すぎますね。

参考
world-fusigi.net
ウィキペディア
スポンサーリンク
スポンサーリンク