IT未経験でSEやプログラマにお金をかけずに転職する方法とは?

IT 転職 システムエンジニア プログラマ 生活

画像:ITPRO

スポンサーリンク
今回は、IT未経験でありながら、システムエンジニアやプログラマに転職するための方法をご紹介いたします。IT未経験だったとしても、実は転職し易い業界だということが、お分かりいただけると思います。

プログラミング経験なしでSEになれる?!

今までプログラミングなどをしたことのない素人でも、本当にプログラマやシステムエンジニアになれるのか、疑問をお持ちだと思います。

率直に言って、プログラミング経験ゼロでも、プログラマやSEとして転職することはできます。

IT企業は今、エンジニアが不足している状態です。したがって、プログラム研修を充実させているIT企業はたくさんあります。エンジニアが不足しているなら、自分たちで育ててしまおう、というのが、現在のIT業界の流れなのです。

従って、仮にあなたがIT未経験だとしても、「未経験歓迎」をうたっている求人広告に応募すれば、チャンスは十分にあるのです。

ITへの転職を決意したならやっておくべきこと

あなたが、プログラミング未経験でありながら、転職を成功させたいと思っているのであれば、企業の公式ブログにぜひ注目してみてください。この手のブログは、企業を深く知るうえで、とても役に立ちます。

ブログの内容は時として、人事部が更新した記事がある場合もあります。面接を受ける前にチェックすれば、どんな人材を企業が求めているか、予め理解する手助けとなるはずです。どのようなエンジニアを育てたいか、企業の採用ビジョンをよく読み込んで下さい。

SEやプログラマに求められる人間力

あなたは、エンジニアとしては初心者ですから、技術力で勝負はできません。その代わり、SEやプログラマに求められる人間力というものがあります。ここで幾つかご紹介いたしますので、ぜひ心に留めておいてください。どれも難しいことではありません。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション能力と聞くと、すご腕営業マンの円滑なトークを想像するかもしれませんが、IT業界のエンジニアに求められるコミュニケーションスキルは、そういった類のものではありません。

要は、必要なことを正確に伝えなければならない人に伝える、ただこれだけです。

自分で問題を解決する力

SEやプログラマは、ビジネス上に起こる様々な問題を、エンジニア視点で解決する仕事です。いわば、問題を技術的アプローチで解決に導くお仕事です。その問題は千差万別で、答えなどありません。ある問題に直面した時、その解決を楽しみながら行うことができれば、いうことはありません。

段取力

エンジニアはそれだけでは何もできません。企画部や営業部など、他部署と連携しながら仕事を進めていきます。従って、ビジネスが滞り無く回るように、他部署と連携をうまく取りながら、エンジニアとしてシステムを開発していく必要があります。それには段取力が必要です。

ぜひ、エンジニアを目指そう

PCやインターネット、もしくは、スマフォやゲームなどが好きな方は、一度、IT業界でエンジニアに転職することを考える価値はあると思います。手に職をつける、という意味でもIT業界でエンジニアとしてのキャリアは魅力的だと思います。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク