悪魔崇拝は実在する? サタンの聖域と噂されるトンネル

悪魔崇拝 トンネル オカルト

画像:DailyPortal

スポンサーリンク
多くの日本人にとっては、“悪魔崇拝”とは映画やドラマの中のフィクションのような印象があるかもしれません。しかしアメリカには現実として多数の悪魔崇拝が存在しています。YouTubeに、悪魔崇拝者がミサに使うとされる廃トンネルの映像がアップされていました。

社会的に認知される“悪魔教会”も存在する

画像:churchofsatan.com

“悪魔崇拝”と一言で言っても、明確な教義などがあるわけではないので、その内実はさまざまのようです。一般的に“悪魔崇拝”というと、黒魔術を行う邪教というイメージが強いと思われますが、社会的に認知されている教団も存在しています。

1966年にアントン・ラヴェイが創設した『悪魔教会(The Church of Satan)』は、現在活動が知られているアメリカの悪魔崇拝団体の中でも最大規模であり、社会的にもその名前が知られています。

公式HPもあります!
churchofsatan.com

“悪魔教会”の基本的教義は『人間の肉欲的自己を是認する』ことで、物質的かつ現世的な快楽を良しとしますが、法令に対してはこれを順守することを表明しており、FBIに協力的な姿勢を取ったこともあります。

悪魔崇拝の団体は個人レベルのものまで含めると「アメリカ国内で100万は存在する」と言われるほどであり、実態は定かではありません。“悪魔教会”のような団体もある一方で反社会的で過激な思想・信仰を志向する団体も当然存在しているでしょう。

廃トンネルに悪魔崇拝者が住み着く?

オハイオ州の森林にあるトンネルが悪魔崇拝者の聖域になっているのでは、と話題になっています。

もともと排水用として建設されたトンネルでしたが、使用されなくなった後、そこに何者vかが出入りするようになったようです。近隣住人はトンネルから一晩中悲鳴が聞こえた、などと証言しており、地元のブロガーによって「悪魔崇拝者のグループが儀式を行っている」に紹介されています。

このトンネルの噂を聞いた映画監督のデビッド・スコット氏が2012年にこのトンネル調査の様子をまとめた動画をYouTubeにアップしています。
 

映像には聖書の黙示録に反キリスト者の象徴として書かれている“666”(『獣の数字』)という数字やヘキサグラム(六芒星)が壁面に描かれている様子が映されています。トンネル内に呼びかけると声が聞こえるという話もあり、この場所に何者かが出入りしていることは間違いなさそうです。

近隣住人を怯えさせているこの噂は果たして本当なのでしょうか?

出典:
鬼怖ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク