審査が通らない人必読!キャッシングの審査に通る人、通らない人の違い!

キャッシング 審査 借金 生活

画像:mydestination.biz

スポンサーリンク
キャッシングを利用したければ、まず審査の基準を知ることです。自分では大丈夫だと思っていても、審査に落ちる場合もあります。

ここでは、賢くキャッシングを利用するために、まず知るべき3つの審査基準についてお話しします。

基本情報を調べる属性審査

属性審査での基本情報とは

・年齢
・職業や勤続年数、年収
・住居形態や年数
・家族構成

などです。

この4つを知った上で「他での借入額」過去の返済履歴などの「信用情報」の審査に移っていくのです。

例えば年齢ですが、キャッシング利用の年齢制限は20歳〜69歳です。職業はできるだけ「安定」が感じられる職業がよく、勤続年数は長い方が良いです。最初の段階で、申込時に明記された職場で本当に働いているのかを確認するために「在籍確認」が行われます。

それをクリアして、基本情報にも特に問題がなければ、信用情報審査に移ります。

年収は、総量規制の関係で審査の対象となります。総量規制では年収の3分の1の額しか借り入れができないと決まっています。

過去を調べる信用情報審査

信用情報審査とは、過去の借り入れや返済、現在の借り入れ額などと情報をもとに「返済能力があるか?」「お金を貸しても大丈夫か?」などの審査のことです。信用情報審査に自信がない人は、対策として審査が甘い金融にキャッシング申込をするのがオススメです。

申告された書類確認審査

属性審査と信用情報審査が終わったら、いよいよ必要書類の提出となります。その書類を確認した上で最終審査をします。書類確認審査で必要なのは「身分確認書類」よ「収入を証明する書類」です。

キャッシングの申し込みで必要な書類は、身分を確認するのは、免許証や保険証ですね。収入の証明は、源泉徴収書や納税証明、3ヶ月間の給料明細などになります。

収入の証明書を見れば、年収もわかります。年収によって借り入れ可能額が決まり、それ以上の借り入れを希望された場合には、額を落とすか、審査に落とされてしまうかという結果になります。

いかがでしたか?

このようにキャッシングは誰でも借りられるのではなく、「返済能力があるかの判断」のために、3つの審査が行われます。3つの審査基準を把握した上で、審査に通るための対策をしてから申込をすれば、スムーズにキャッシングが利用できます。

審査に通らなかったからといって、一度にたくさんの金融に申込をすると、一定期間中、審査に通らなくなる恐れもあるので要注意です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク