今すぐお金が必要な方必見!キャッシング審査対策をマスターせよ!

キャッシング 今すぐ 審査 対策 生活

画像:キャッシングよりもお得

スポンサーリンク
キャッシングを利用したくても、残念ながら審査に落ちてしまうことがあります。絶対に審査に落ちたくないという人は、申し込み前に審査に通るための対策をしておかなければいけませんね。

ここでは、キャッシングの審査に通るための3つのコツをご紹介します。

審査対策#01
総量規制内の借入希望額を決める

「借入希望額=借りたい額」という考え方では、残念ながら審査に落ちることもあります。しかし、総量規制の範囲内で、借入希望額を決めれば、審査に通る確率がグッと上がります。

総量規制とは?

総量規制とは、平成22年から設けられた消費者金融での規制です。借入額を「年収の3分の1まで」にすることで、多重の債務者を減らすために設けられました。

年収については、様々な証明方法があります。源泉徴収や納税証明書、または3ヶ月間の給料明細です。それらの書類をもとに大体の年収を割り出した上で、その人の借入可能額がわかります。

つまり、それ以上の金額を希望した場合は、審査に落ちてしまうので気をつけなければいけません。また、現在他で借入があるのなら、それも計算に入れなくてはいけません。

例えば、年収が300万くらいだったとします。現在他で50万の借入があったなら、新たに借入を希望できる金額は50万円ということになります。

審査対策#02
借入件数をなるべく減らす

キャッシングの審査では、現在の総借入額も年収の関係も総量規制により、重要な審査対象になりますが、借入件数も審査の対象になります。

現在、何社の金融機関で借入をしていますか?多くの金融機関から借入をしていると審査に落とされることがあります。いくつもの借入がある場合は、すぐに1社にまとめる「おまとめローン」にすると、審査が通りやすくなります。

審査基準は金融機関によって違いますが、だいたい3社以上になると、借入件数が多いとみなされるので注意しましょう。低金利の「おまとめローン」にすると、利息も減るので経済的です。

審査対策#03
収入証明不要の金融を探す

現在何らかの事情で無職か求職中の人は、キャッシング審査に通るのが難しくなるかもしれません。現在の収入情報は、書類提出の際に収入証明を出さなければいけないので嘘はつけません。

また、現在働き始めたばかりであったり、前年度の収入があまりなかったなら、審査では不利になります。そんな時は、収入証明が不要な金融機関を探しましょう。

最近はいろんな事情を持つ人も多いです。しかし、審査に通るポイントを押さえておけば審査通過の確率も上がります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク