キャッシングは返済計画で乗り切れ!返済計画の意味とその立て方

キャッシング 返済計画 総量規制 返済シミュレーション 生活

画像:saimubengo.com

スポンサーリンク
キャッシングを利用する際には、しっかり返済計画を立てておく、これはキャッシングの基本です。借金は必ず金利が発生しますので、金利も含めた返済計画を立てなければなりません。つまり、逆のことを言えば、しっかり返済計画を立てれば、キャッシングは怖くはありません。

ここでは、しっかりとした返済計画を立て、健全なキャッシングを行うノウハウをご紹介します。

なぜ、総量規制があるのか?

画像:souryoukisei.com

キャッシングの審査の対象にもなる「総量規制」は平成22年から設けられました。この総量規制は、今までの悪徳な消費者金融やサラ金を一掃すべく、考えだされた法律でした。では。なぜ総量規制が必要なのでしょう。

総量規制により、消費者金融なのでは、年収の3分の1までしか借金ができません。これは、返済能力以上の借金をさせない為の施策です。しかし、銀行のキャッシングでは、総量規制は適応されていないので、年収の3分の1以上の借入額でも審査が通ることがあります。

返せる能力があるのなら、総量規制以上の借入額でもいいですが、少しでも自信がないのなら総量規制内にするべきです。

計画的な借入をするための基礎知識

画像:kikuchigroup.com

今すぐにお金が必要で焦る気持ちはわかりますが、申し込む前にちゃんと返済計画を立てなければ、後で後悔することになりかねません。
  1. 借入額は年収の3分の1以内に収まっているか?
  2. 毎月、返済できる金額はいくらまでか?
  3. 金利が高くてもすぐに借りたいのか?
  4. 金利が低いところでちゃんと借りたいのか?
まずこの4点を考えます。この4点によって、借り入れをする金融機関も変わってきます。やみくもに「すぐに貸してくれそうなん金融機関」を探すのではなく、自分の返済計画に合う金融機関を選びましょう。

困ったらシミュレーションを使おう!

画像:rsconsul.com

返済計画を立てる上で、ぜひ活用していただきたいツールが「返済シミュレーション」です。インターネットでキャッシングの金融機関を検索すると、たくさんの会社が表示されますね。

それぞれに金利が違いますが、各金融機関のホームページには、返済シミュレーションが行えるページが設けられていることが多いです。返済シミュレーションには、借入希望額と返済回数を入力できる欄があり、それによってある程度の返済計画が出せます。

キャッシングのための金融機関選びにも役立ちますし、何よりも返済計画が視覚化されるので、すごく便利です。

しっかりと返済計画を立てれば、キャッシングで返済が滞ることはありません。しっかりとした返済計画で健全なキャッシングをお楽しみください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク