キャッシングにも種類が色々!それぞれの特徴をしっかりチェックしてあなたにピッタリのキャッシングを選びましょう!

キャッシング 信販系 銀行系 消費者金融系 生活

画像:キャッシングのカード

スポンサーリンク
キャッシングには、「信販系」「銀行系」「消費者金融系」などのいくつかの種類があります。それぞれの金融機関にメリットとデメリットがあり、金利や審査の甘さも違います。

ここでは、キャッシングのそれぞれの金融機関のメリットとデメリットをご紹介します。

信販系

信販系のキャッシングとは、信販会社が提供するキャッシングです。ショッピングの際にクレジットカードを作る時、そこにキャッシング機能が付いてくることがありますね。まさにそれが信販系のキャッシングなのです。

■メリット

信販系キャッシングの最大のメリットは、様々な施設にて会員サービスが受けられることです。信販会社にもよりますが、多くの施設と連携していると、割引を受けられる可能性も高くなります。

各施設では、カードを提示するだけで割引などのサービスを受けられて便利です。また、実質年率が低めなのもメリットの一つです。会社によっては銀行並みに低金利なこともあります。

■デメリット

信販系のキャッシングは、審査が少し厳しく時間がかかります。もちろん、総量規制もありますので、他で沢山の借入額がある場合は不向きです。また、借入の申し込みがどこでもできるので、借り癖が付いてしまう可能性があります。

銀行系

銀行が扱うキャッシングもあります。審査に自信がある人に特にオススメなのが銀行系のキャッシングです。

■メリット

銀行系キャッシングの最大のメリットは、金利が低いことです。また、銀行が扱っているキャッシングのため、かなり安心で利用しやすいです。多額の借入をする場合、金利でかなり返済総額が膨れ上がりますが、銀行系のキャッシングなら、返済負担が少ないです。総量規制がないのも、かなりのメリットです。

■デメリット

銀行系キャッシングは、銀行によっては審査が厳しく、期間も長くかかりますが、最近は即日融資のキャッシングも増えています。ただし、審査の対象になる在籍確認や基本情報については結構厳しいので、即日融資が受けられないこともあります。

消費者金融系

どうしてもお金が必要、できるだけ早くお金を貸して欲しいという人にオススメなのが「消費者金融系」のキャッシングです。

■メリット

消費者金融系キャッシングの最大のメリットは、審査の甘さです。審査が甘い分、すぐにお金も借りられて便利です。現在、アルバイトや派遣社員の人で収入が少なくても、消費者金融系のキャッシングなら審査に通す可能性もあります。

■デメリット

審査が甘い分、金利が高いので返済が大変です。借りやすいので、多額の借金をしてしまう可能性もあります。すぐに返せば無利息になるサービスもありますが、すぐに返せなかった場合は損をする、返済が大変になるなどのデメリットもあります。

いかがでしたか?

それぞれのキャッシングの種類を知って、自分に合うキャッシングを利用したいですね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク