的中率85%の預言者ババ・バンガの2016年の予言がヤバい?!

予言 2016年 ババ・バンガ 海外

画像:yogen-blog.com

スポンサーリンク
ブルガリアの国家最高機密とも言われている、盲目の預言者ババ・バンガ。ババの予言を支持している人々の話によると、彼女の予言はこれまで85%の確立で的中してきたそうです。
 
預言者ババ・バンガ
画像:mirror.co.uk

12歳のときに竜巻に巻き込まれて盲目になったババこと、バンゲリア・パンデバ・ディミトロヴァは、16歳のときから予言を行うようになりました。

その後、オカルトに傾倒していたヒトラーや、その他多くの政治家や科学者が彼女のもとを訪れていたというのも、彼女の予言が信頼に値するとみなされていた証拠なのではないでしょうか。

1996年に85歳で亡くなったババの予言は、5079年の世界の滅亡まで続きます。その中でも、2016年に起こるであろうことを予言したババの言葉に、今世界の注目が集まっています。

20年以上も前に亡くなったババですが、2016年には「偉大なイスラム教徒の戦争が勃発する」「ヨーロッパが無人になる」と予言していました。

これはイスラム武装勢力が化学兵器を用いてヨーロッパに侵略し、その戦争は2043年まで続きます。その結果として、ヨーロッパは廃れて無人になる、という予言だそうです。

確かに、昨年に起こったISISによるパリのテロ事件によって、ISISとヨーロッパが戦争状態に入ったという見方もできるかも知れません。

ただ、2015年についてのババの予言が、ものの見事にすべて外れていたことを考えるなら、2016年についての予言を信じるかどうかは、微妙なところだと言えるでしょう。

ただし、ババの支持者が述べるように、ババの予言はかなりの確率で当たっており、ババは「バルカン半島のノストラダムス」という異名を与えられています。

その一例として、1989年にアメリカの同時多発テロ911事件が起こることを見事に予言したことをあげられるでしょう。

また、2011年には放射能で北半球が汚染される、と予言しています。ババによると戦争による放射能のことだそうですが、この予言は日本で起きた東日本大震災の福島第一原子力発電所事故に当てはまるのではないかと考える人々もいるようです。

その他にも、2004年のスマトラ島沖地震、2009年のオバマ大統領当選などの出来事も、ババの予言の中には記されており、それらを的中させたことは世界中の多くの人々が事実として認めています。

2016年についての予言が的中するかどうか、今のところ分かりません。しかし、ババの予言を信じるのであれば、少なくとも5079年までは人類が存続できるかも、という希望が持てるのではないでしょうか?

出典:
mirror.co.uk
スポンサーリンク
スポンサーリンク