【最新版】ガチでやばい心霊スポット3選(1/2)

心霊スポット

画像:

スポンサーリンク
霊的な要因が重なって、かなりヤバいことになっているエリアがあるのをご存知ですか。

奥深い山の中とか、もう誰も住んでいない廃村とか、そういう人の寄り付かない場所とかではなくて、そういうエリアって以外にも都市の真ん中にポツンとあったりするんです。

知らずにそういった場所へ行くと、心が荒んできたり、猟奇的になったりすることがあるとか…。

今回は、そんな心霊スポットを最新情報を元にご紹介します。あなたの街は大丈夫か…?

最怖#03
戸山公園(東京都)

画像:Googleマップ

東京都新宿区にある戸山公園。この公園内には、国立感染症研究所があります。1989年7月、この施設の建設現場で100体もの人骨が発見されました。
 
画像:blogs.yahoo.co.jp

調査によるとその人骨は死後100年以内であり、頭蓋骨にドリルで穴が開けられていたり、のこぎりで切られていたり、不自然な状態だったそうです。

巷では、第2次世界大戦中に日本軍が組織した人体実験部隊、731部隊の犠牲者ではないか、とまことしやかに囁かれている、そんなエリアなのです。
 
出土した人骨
画像:blogs.yahoo.co.jp

この戸山公園では、非常に意思の強い霊体が浮遊しており、昼間でも霊現象の報告の多い場所です。霊感の無い人でも霊現象を体験することが多く、特に園内の公衆トイレは霊体験談が多く報告されています。

また、この公園に入ると、しばしば「猟奇的な考え」に及びやすくなるそうで、霊能力者は注意を呼びかけているほど。

この公園で報告された霊現象を幾つかご紹介します。
 
  1. 公園内にある「箱根山」と呼ばれる丘に深夜登ると、人の囁きや叫び声などが聴こえる。
  2. 人魂の目撃者多数。
  3. 園内のトイレで自殺した男性の霊が出る。
  4. 園内ではよく心霊写真が撮れる。
 
箱根山頂上。深夜に行く勇気があるか…
画像:東京遊び場マップ

もし、行かれる方は自己責任でお願いします…。

#最怖02
横網町公園(東京都)

画像:Googleマップ

東京で一番人が死んでいるエリアは、ここ横網町(よこあみちょう)公園一帯かもしれません。

江戸時代、江戸の大半を焼きつくした火災、明暦の大火。この火事での死者は10万人とも言われています。この死者を葬った回向院が近くにあります。また、関東大震災、東京大空襲合わせて数十万人の犠牲者が眠るエリアなのです。
 
明暦の大火
画像:ウィキペディア

この横網町公園でよく言われているのが「行ったら死にたくなる」という現象。ただ、この現象はカップルには最適だといいます。

何故かと言うと、死にたくなるので、その前に子孫を残したい、という本能が働くから。不倫や初老カップルに最適なんだとか…。

横網町公園の心霊現象
  1. 行くと死にたくなる。
  2. お供えした水が翌日にはなくなっている。
  3. 夕方に行くとどこからともなく半鐘の音が聴こえる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク