【今日も健康ビールが旨い】ビールが体によい7つの理由(1/2)

ビール 体に良い 健康 トリビア

画像:shockpedia.com

スポンサーリンク
酒は百薬の長と昔から言われているとおり、適度な飲酒は身体に良い、とされています。

1日1杯のワインが、がん予防や老化を防ぐ効果がある、とはよく言われています。しかし、最近の研究で、ビールが健康に良い効果をもたらすことがわかってきました。

1日1〜2杯程度のビールは、人間の健康維持に一役買う可能性があるそうです。その驚くべき7つの効果をご紹介いたします。

#01
成人病予防

画像:LivedoorNEWS

1日1パイント(約500cc)のビールは、腎臓結石の発生を40%近く抑えることが分かりました。また、血栓を防ぎ、心筋梗塞を60%も抑える効果があります。

ビール好きには嬉しい研究結果ですが、1日1杯は守って下さい。

#02
ストレス軽減

画像:御殿場高原ビール

モントリオール大学の研究チームの発表では、1日2杯程度のビールは、仕事のストレスの発散には最低なのだとか。

ビール中に含まれる、ラクトフラビンとニコチン酸は、不眠症治療に用いされる成分で、夜の良質な睡眠をビールは与えてくれます。

また、ロヨラ大学シカゴ・ストリッチ医学部の研究チームは、ビールを飲む人の病気に罹る可能性は、飲まない人より23%低い、という研究結果を発表しています。

学術誌「Consciousness and Cognition」の研究では、ビールは人をよりクリエイティブにする、という結果が出ています。

#03
美容効果

画像:ロイター

ビールに含まれる多くのビタミンは、皮膚の老化を軽減し、肌にハリをもたせ艷やかにしてくれます。特に、ビタミンBー12を多く含んでいるので、貧血防止に効果を発揮し、血液を健康にします。

また、身体の酸化を防ぐフェノール類を多く含むのもビールの特徴で、美容に良いのはもちろんのこと、白内障予防など目の健康にその威力を発揮します。

変わり種としては、ビールで髪を洗うと、髪がしなやかで艷やかになるそうです。やり方は、ビールを沸騰させアルコールを飛ばしてから、エキストラヴァージンのココナッツオイルを加えます。

髪に輝きを与え、健康に保ちます。

#04
おなかの調子を整える

画像:draftbeer.jp

ビールは意外に食物繊維を多く含む飲料です。一般的に色が濃いほど、多くの食物繊維を含んでいます。

身体の中をスッキリと掃除をしてくれます。適度なビールは、ビール腹になるどころか、ウエストを細くさせる効果があるのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク