【ファン必見!】007スペクターの魅力に迫る!(1/2)

007 スペクター ジェームズ・ボンド 映画 芸能

画像:aqva0128.hatenablog.com

スポンサーリンク
シリーズ24作目になる007 スペクターが去年の12月7日に公開されました。

スヌーピーと同時公開ということで注目を集めましたが、アメリカの映画ランキングでは007 スペクターが初登場1位を獲得。

イギリス国内では「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のこれまでの約44億4205万円を大きく上回り、オープニング成績で約76億8790万円とイギリス映画史上における歴代最高を記録。
 
画像:ひかりTV

オランダやフィンランド、ノルウェー、デンマークでもオープニング成績でそれぞれの映画史の記録を塗り替え、世界興行収入は日本円で約1000億円を突破しました。

日本でも007の人気ぶりは健在で、オープニング土日2日間で26万2663人を動員し初登場1位を獲得。

さらに2013年に発売されたブルーレイの二枚組DVDの前作「スカイフォール」はボンド誕生から50周年ということも相まって、オリコンDVDランキング1位で日本での007シリーズ最高売上を達成しました。
 
画像:cloudair.hateblo.jp

最近ではバラエティー番組でもテーマ曲がパロディとしてBGMに使われていたりするので、おなじみの方も多いのではないでしょうか。

ショーン・コネリーがボンド役を演じた「007は二度死ぬ」では日本が舞台となっています。
 
画像:フォト蔵

ボンドガール役に浜美枝と若林映子が、日本の秘密警察局長というよくわからない謎のポジションで登場したタイガー田中役では丹波哲郎が出演。

ちなみにトヨタ・2000GTがボンドカーとして登場します。

ボンド役のダニエル・クレイグは最も好きなボンドカーとしてトヨタ・2000GTを挙げたそうです!
 
画像:ナリナリドットコム
スポンサーリンク
スポンサーリンク