販売のプロから聞いた、パワーストーン浄化の正しい方法と月光浴の盲点!

パワーストーン 浄化 月光浴 オカルト

画像:暮らしのtips

スポンサーリンク

猿田彦三河神社の帰り道に出会った優しい石屋さん

鈍感なオカルト好き、すーさんです。

前回は、「みちびき」の神様である猿田彦大神を祀る猿田彦三河神社をご紹介しましたね。

道標や開拓の神様を祀るこちらの神社は愛知県額田郡幸田町にあります。交通安全、方位除けなどのご利益があります。

参拝のあと、近くのショッピングモールで買い物をしました。そこでパワーストーンの屋台に立ち寄ったのですが、そこで興味深い話を耳にしました。

今回は、手持ちのパワーストーンの浄化、手入れに悩んでる方必見ですよ!
 

つい自己流でやってしまう、パワーストーンの扱い

画像:HIRAOKA

勾玉のかたちをした小さなパワーストーンをひとつ選ぼうと、迷っている私に声はかけてくれた店員さん。

選び終えるまでいつまでも待つとのこと、充分に石と対話してから選んでほしい。大切なのは直感だという。それが自分に合った石を見つけるコツなのかもしれません。

石には性格があり、人との縁も他のモノとは比べ物にならないほど深いそうです。相性の良い石を選べば、生涯の友になります。きっとそのために、石選びを待ってくれたのですね。

どうしても決められない方には水晶がおススメです。水晶はパワーストーンの基本でもあり、中心だからです。

店頭にある商品は、誰が触ったかわからないので買ってすぐ家で浄化するお客さんが多いとのこと。しかし、世の中に溢れているお手入れ方法には、大切なことが欠けてしまっているといいます。自己流でやっている人も多いのではないでしょうか。

プロが教える、正しい浄化と月光浴の手順

なぜ浄化するのか。選んだ石はさまざまな人の手を経てあなたに辿り着きました。その過程の中で人々の気を浴びているはずです。石も疲れてしまうんですね。浄化することで本来の波動を元に戻すことであなただけの石になるのです。

浄化には2つの方法があります。最初はさざれに置く方法。さざれ水晶といって、いくつもの細かい水晶のかけらを敷いたベッドのようなものが市販されています。
 
画像:HIRAOKA

パワーストーンのお店のほかに風水専門店などでも扱っています。このさざれの上に納得するまで、または一晩置けば、浄化ができるそうです。

もう一つの方法は、石を適当な器に入れて流水で満たし、こちらも気が済むまであふれさせて洗い流すという方法。塩を入れたりする必要もなく、水道水で良いそうです。
 
手順として、浄化が済んだら月光浴をしてもいいそうです。満月が良いとされていますが、「月がきれいな夜だな」と思えばいつでもよく、満月の翌日などでも大丈夫だそうです。
 
画像:ameblo.jp

ここで、盲点になるのは「戻す時」です。
 
綺麗な月が夕刻から出ていて、月光浴をさせたくなり窓の外に出しても、寝る前には部屋に戻していませんか?

月光浴をさせたら必ず「朝日を浴びた状態で」部屋に戻します。

多くの方がうっかりしているのではないでしょうか。陰の気だけ取り込んでいては、よくないということのようですね。
 
そして一番大切なことは、石と仲良くなること。

「私のところに来てくれてありがとう」「これからよろしくね」などと声をかけることです。

そしてあなたの石が浄化されていく様子を想像し願うことです。石を生き物のように大切に扱うことは、石だけでなくあなたの心も浄化していくはずですよ。

浄化は石を手に入れたときはもちろん、1~数か月に一度のペースが必要です。またあなたの願いが叶ったり終わった時などその都度お願いしますね。

これに気を付けてぜひ、もっと石たちと仲良くなってください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク