2015年にもっとも稼いだミュージシャントップ10(1/2)

もっとも稼いだミュージシャン 2015

画像:blog.goo.ne.jp

スポンサーリンク
日本では、音楽業界は不況、といわれていますが、世界に目を向けると結構稼いでいるミュージシャンはいるものです。

U2、ボン・ジョビ、エルトン・ジョン、レディ・ガガなど、2015年に稼ぎまくったミュージシャンをご紹介します。

#10.
トビー・キース(57億円)

画像:AP Photo

カントリー・ミュージックのスター、トビー・キースの収入は、音楽だけではありません。フォードやテキーラのmezcal line、レストランチェーンなどのコマーシャル契約で、莫大な利益をあげています。

#09.
デイヴ・マシューズ・バンド(58億円)

画像:AP Photo

2009年のアルバム、Big Whiskey and the GrooGrux Kingのヒット以来、デイブ・マシューズ・バンドはツアーを続け、2015年の12ヶ月で68回の公演をこなしました。1回の公演の興行収入は1億円以上になります。
 

#08.
ジャスティン・ビーバー(60億円)

画像:nme.com

海外ツアーやアルバム、自伝映画「Never Say Never」、さらには自身ブランドの香水などからの収益で、17才にして60億の収入を得ました。

#07.
イーグルス(68億円)

画像:avclub.com

1971年にデビューした彼らは、今でも現役で精力的に活動をしています。彼らのヒット曲「take it to the limit(限界までやる)」そのままに彼らは突っ走り、大金を稼ぎ出しています。

#06.
ブラック・アイド・ピーズ(69億円)

画像:Youtube

アメリカのヒップホップグループのブラック・アイド・ピーズは、グラミー賞を6回受賞していますが、ビジネスにも長けています。世界ツアーでは62公演で77億円を稼ぎだし、サムスン、ペプシ、ホンダ、ベライゾン、チェーズやその他とのコマーシャル契約しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク