【決定版】2016年はこの映画を見よ!5選!

映画 おすすめ 2016年

画像:ciatr

スポンサーリンク
2016年は、様々な映画が公開されます。そこで、この記事では春以降に公開されるイチオシの作品を紹介したいと思います。

01.
キャプテン・アメリカ シビルウォー

画像:(c)2015 Marvel.

マーベル・スタジオが送るヒーローアクション映画の最新作であるこの作品は、なんとアベンジャーズがトニー・スターク(アイアンマン)とスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)の陣営にそれぞれ分裂し、戦いを繰り広げるという内容です。

これまで毎回紆余曲折はありながらも共闘してきたヒーローたちですが、今回はそうはいかないようです。

なんと新キャラクターとして、アフリカのある国の王であるブラックパンサーとお馴染みのスパイダーマンも登場予定です。

02.
ズートピア

画像:Disney Movie

擬人化された動物たちが描かれている、ディズニー製作のCG映画『ズートピア』。

主人公のウサギである警察官・ジュディの声は、日本では上戸彩が担当しています。

ウサギという小さな動物であるにもかかわらず警察官となったため、日頃周りの動物たちに疎んじられているジュディ。しかし世界の危機を救うために、ジュディは詐欺師であるキツネのニックとともに立ち向かいます。

03.
アイアムアヒーロー

画像:iamahero-movie.com

漫画原作の邦画であるこの作品は、漫画家である主人公の英雄(ひでお)が突然世界で巻き起こった人間のゾンビ化(ウイルスに感染するとゾンビのようになってしまう)に立ち向かうというストーリーになっています。

主演は大泉洋が務めています。日本で製作される本格的なゾンビ映画ということで、非常に期待度の高い作品です。

04.デッドプール

画像:シアター

マーベルヒーローの中でも最凶の存在であるデッドプール。何しろこのキャラクターは元々ヴィラン(敵側)であり、正義のヒーローではありませんでした

原作漫画では絶対に死なない、自分が漫画のキャラクターであることを認識している、瞬間移動を行うことが可能など型破りなキャラクターとして人気を博しています。

映画ではデッドプールの誕生から活躍までが描かれています。R指定の映画であるにも関わらず、アメリカでは既に大ヒットを記録しています。これは見逃せません。

05.ゴーストバスターズ

画像:mishkatokyo.wordpress.com

数年前から『ゴーストバスターズ』の新作が製作されることは噂となっていましたが、ついにこの2016年に公開が決定しました。

なんと前作では全員男性だったメンバーが今作では全員女性となっています。しかし、美女は一人もおらずいかつい女性が集っており、一筋縄ではいかなさそうな作品に仕上がっていることが期待できます。

秋の公開が楽しみな作品です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク