バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生に迫る!

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

画像:Youtube

スポンサーリンク
現在公開中の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。

この作品は日本でも有名なアメリカのヒーロー、スーパーマンとバットマンが初めて実写映画で共演し、戦うという内容になっています。

監督は「テルモピュライの戦い」を描いた『300』や、前作『マン・オブ・スティール』でお馴染みのザック・スナイダーです。

主演は『アルゴ』で主演だけでなく監督を務めたこともあるベン・アフレック(バットマン)と、『マン・オブ・スティール』でスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィルの二人となっています。
 
画像:ベン・アフレック [CC-BY-SA-2.0], via Wikimedia Commons
 
画像:ヘンリー・カヴィル variety.com

そしてこれまでに製作されたスーパーマンの映画のほとんどに登場している悪役キャラクター「レックス・ルーサー」を今作で演じるのは、ジェシー・アイゼンバーグです。
 
画像:karhu.jugem.jp

彼はFacebookの成り立ちを描いた『ソーシャル・ネットワーク』の主演で一躍有名となった俳優です。2009年の映画『ゾンビランド』でも主人公を演じています。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を見る前にチェックしておきたいのは、ストーリーが完全に繋がっている『マン・オブ・スティール』です。

『マン・オブ・スティール』では、スーパーマンの生い立ちから地球におけるヒーローとしての覚醒までのストーリーが丁寧に描かれました。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は前作のラストで描かれたスーパーマンと悪役・ゾッド将軍の決戦からスタートし、その最中にブルース・ウェイン(バットマンの正体)が経営する会社が破壊されてしまっていたことが発覚します。

スーパーマンの圧倒的な力に恐怖したブルースは、スーパーマンを倒すべく弱点について研究を開始。一方で、一般市民の間でもスーパーマンという存在の是非について騒がれ始めます。

スーパーマンとバットマン、二人の対決の可能性は徐々に高まっていきます。しかしその影では、なぜか大会社のトップである男レックス・ルーサーが暗躍していました。

はたして二人のヒーローは対決してしまうのか、それとも手を取り合って悪と戦うこととなるのか。衝撃の結末は見どころです。

派手なアクションシーンは終盤に集中していますが、前半から中盤にかけても合間にスーパーマンやバットマンのちょっとした活躍シーンなどが挿入されています。

スーパーマンが空を飛ぶ時などの、人智を超えた力の表現は『マン・オブ・スティール』と同様に見事です。劇中の人物たちがその力に恐怖を覚えてしまうことにも納得できるでしょう。

対するバットマンは、人間よりも強く超人たちには正攻法ではまったく力が及ばないというパワーバランスで描かれています。バットマンがどのような手段でスーパーマンに立ち向かうのか、ぜひ劇場でお確かめください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク