ネット上で長く話題になっている八尺様ってどういう話?

八尺様 怪談

画像:都市伝説JAPAN

スポンサーリンク
八尺様をご存じでしょうか?

2008年に2chオカルト板に投稿されたある投稿を切っ掛けに爆発的に噂が広まり、様々な考察、解釈が飛び交っている幽霊です。本日はその八尺様についてご紹介したいと思います。

八尺様ってどういう幽霊?

八尺様は、その身の丈が八尺(約2m40cm)もあり、白っぽいワンピースを着て、帽子を被った女性であると言われています。

特徴的なのはその見た目だけではなく、「ぽぽ、ぽっぽぽ、ぽ、ぽっ……」という濁音とも半濁音とも言えるようなそのような声と共に現れるようです。

投稿の内容

八尺様が投稿されたのは2008年8月26日。暑い真夏の朝の事でした。

投稿者は自宅から2時間ほど離れた父親の実家へ、祖父母に会いに10年ぶりに向かったといいます。

そして祖父母の家の縁側でのんびりしていた投稿者は、「ぽぽ、ぽっ、ぽぽっぽっ……」という不可思議な声を聞きます。

何事だろうと首を向けてみると、生け垣の向こうには帽子をかぶった女性の姿。投稿者はある事実に気付いて驚きます。

白いワンピースが印象的なその女性の姿が見えるその生け垣はおおよそ2メートルはあろうという巨大なもの。本来であれば人など隠れてしまって見えるはずがないのです。

投稿者が驚いていると、その女性は移動し、姿を消しました。そして同時に「ぽぽぽ」という声も聞こえなくなったのです。

投稿者は、その不思議な体験を祖父母に話します。すると、祖父母はものすごい剣幕で投稿者を問い詰めました。

驚いている投稿者を置いて、祖父はどこかへと電話をし、戻ってくるとお前を帰すわけにはいかなくなったと言います。

軽トラックでどこかへ出かけていった祖父。投稿者はどういう事なのか祖母に尋ねると、「お前は八尺様に魅入られてしまったようだ」と告げられます。「八尺様に魅入られると数日のうちに取り殺されてしまうのだ」と。

そして戻ってきた祖父は、Kと名乗る老婆を連れてきました。

老婆は告げます「この札を肌身離さず持っているように。そして2階のこの部屋に入り、明日の朝まで決して外には出ないように」と。

いつしか眠りについてしまった投稿者は、夜中の1時過ぎに目を覚まします。

嫌な時間に起きてしまったなと思っていると、窓ガラスをコツコツと叩くような音。

気のせいだと思いたいものの、それは明らかに何者かが手で叩くような音でした。

気を紛らわせようと、お茶を飲み、テレビの音量を上げていると、ドアの外から人の声。

それは、祖父の声で「おーい。大丈夫か。怖ければ無理しなくていいぞ」

ほっとした投稿者はドアに近づきます。そして、ふと思い出す「決して外に出てはならない」という言葉。

「どうした、こっちに来てもええぞ」

声は続けて聞こえてきます。

ふと、隅に盛られた塩を見ると、上の方が黒く変色していました。

これは祖父ではない! そう判断した投稿者は、一目散に仏像の前に走り、お札を握りしめたまま「助けてください」と必死にお祈りします。

その時、

「ぽっ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽぽっ……」

あの時の声が聞こえ、窓ガラスがトントン、トントンと鳴り出します。

あまりの恐ろしさに仏像に祈り続けたまま、投稿者は朝を迎えたそうです。

朝になったため、おそるおそるドアを開けると、そこには涙を流して無事を喜ぶ祖母と、Kさんの姿。

「早く車に乗れ」と外から促す祖父に従って、ワンボックスカーに乗り込む投稿者。

走り出した車の中、

「大変な事になった。気になるかもしれないが、今からは目を閉じて、絶対に目を開けるな」と隣に座った50歳ぐらいのオジさんに言われます。

しばらく車を走らせていると、Kさんが「ここがふんばりどころだ」と呟き、念仏を唱え始めました。

すると、

「ぽっぽぽぽ、ぽっ、ぽ、ぽぽ……」

またあの声が聞こえてきます。

Kさんからもらった札を握りしめ、あまりの恐怖から、薄く目を開けてしまう投稿者。

目に入ったのは白っぽいワンピース。それが移動する車に合わせついてきていました。

車内をのぞき込もうとする八尺様。「見るな」と言われ再び目を閉じて祈ります。

お札をぎゅっと握りしめ、目を開けないようにしていると、次第に声は途切れ始め・・…、やがて聞こえなくなりました。

「うまく抜けた」とKさんに言われ、握りしめていた手を開いてみると、そこには黒ずんだお札の姿。

「もう大丈夫だと思うが、これを持っていなさい」と言われ、あたらしい札を受け取った投稿者は、迎えにきた父親と二人、自宅に戻ることができたのでした。

まとめ

この投稿があってから2016年7月現在まで、私も八尺様を見た、正体を知っている! などといった投稿があとをたちません。

それら全てを紹介する事は出来ませんが、もしこの話を聞いて八尺様に興味を持った人がいたなら、それらの投稿も読んでみると良いでしょう。

無論、それによって何らかの怪異に遭遇したとしても、責任は一切持てませんが。

参考:
syarecowa.moo.jp
スポンサーリンク
スポンサーリンク