Ranpoに寄せられた実話怪談、声優専門学校で起きた不思議な体験とは?!(1/2)

声優専門学校 不思議な体験 怪談 オカルト

画像:g-hz.sblo.jp

スポンサーリンク
この話は、新人声優のYさんから聞いた話です。

「実は、途中までしか覚えていないんですが・・・」

そう前置きをして、Yさんは話し始めました。

九州出身のYさんは、上京前に地元の専門学校で声優になるための勉強をしていました。

その専門学校は全国展開をしている大手で、Yさんの在籍していた声優科のレッスン室は4階と5階、講師室は最上階の6階にありました。

レッスンの生徒は通常、講師室に行くことは無いのですが、卒業公演の準備のため講師室のある6階の奥の空き部屋を倉庫として使わせてもらうことになりました。

公演に使う大道具、小道具、衣装もレッスン生たちが手作りをします。

それらの製作を担当するレッスン生は6階の倉庫へ頻繁に出入りすることになるのですが、その中に自称霊感体質のNさんという女の子がいました。

Nさんは、6階にいると寒気がする、誰かに見られているような気がすると他のレッスン生に訴えていましたが、元々レッスンに対して熱心なタイプではなかったため裏方仕事をさぼるための口実だろうと、あまり相手にされていませんでした。

やがてNさんは頻繁に稽古を休むようになり、いつの間にか学校も辞めてしまいました。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク