【画像有り】元お笑い芸人ヒカリゴケ国沢さんの心霊写真が怖すぎる…。(1/2)

ヒカリゴケ国沢 赤いスポーツカー 怪談 オカルト

画像:prican

スポンサーリンク
怪談話で注目を浴びているのがポスト稲川淳二とも呼ばれていた元ヒカリゴケ・国沢さん。

国沢さんは、松竹芸能所属のお笑い芸人でしたが惜しまれつつ2014年末にコンビ解散。国沢さんは現在、別の道を歩んでいるそうです。

国沢さんは芸能界を離れたということですが、国沢さんのゾッとする怖い話には定評があり、過去のTV番組「人志松本の○○な話」などでも絶賛されています。

今回は、国沢さんの怪談を厳選してご紹介します。

 それは変な夢から始まる話。夢の中で自分が車を運転しているごく普通の光景。

ところが 運転をしていると横から赤いスポーツカーが車線変更して自分の前に。その瞬間に赤いスポーツカーは急加速して左右に激しく揺られながらドン!と壁にぶつかって大破します。

夢から覚めるも残像のように頭に浮かびます。

「変な夢やなあ」

不思議に思ったこの夢はこれで終わらなかったのです。翌日もそのまた翌日も夢は繰り返され、そして少しずつ話も進んでいたという。

赤いスポーツカーは無理な車線変更でバランスを崩し、

キュルキュルキュルキュル…ドン!

という轟音と共に大破します。車のエンジン部分からはものすごい勢いで出火し炎上。周りは火の海と化した。自分はただ茫然と車から眺めている状態。

まるで動きが取れないように身体が硬直した様子。すると、勢いよく燃えている車の中から、

「熱い熱い熱い熱い」

事故で顔がぐちゃぐちゃになり火だるまになった男の人が自分目掛けて走ってくるのです。

夢とは思えないそのリアルな炎の熱さと恐怖に耐えかねて思わず顔を覆います。するとそこは、汗をびっしょり掻いて横たわっている自室のベッドの上でした。

連日見る夢におかしいと思いつつもその後、この夢を見ることはありませんでした。

しかし、数日後、娘を二人連れて大阪の遊園地に向かう最中、家族3人で高速道路を走っていると横からあの赤いスポーツカーが車線変更して自分の前に入ってきたのです。

「あれ、夢で見たのと一緒…」

と思っていた瞬間、赤いスポーツカーが急加速。そのまま夢で見た通りに壁にぶつかって大破しました。「助けないと!」と慌てて車を止め、娘達を車に残し路上に降りました。

しかし、既にスポーツカーは炎上しており、助けることができない状態でした。
すぐに警察や消防に連絡を取り、消火作業をしてもらいましたが既に車内で男の人が亡くなっていたそうです。 夢で見たように男が叫び自分に向かってくることはありませんでした。

警察に事情を説明し、気分も滅入ったものの約束していた遊園地に行くことにしました。遊園地で一通り遊び終わり日も沈んだ頃、帰る前にゲートを出て最後に記念を残そうと携帯カメラを取り出し長女と次女を並べました。

シャッターを押す瞬間、長女が、

 「熱い熱い熱い熱い」

と叫びました。しかし、喋っているのは明らかに長女でしたが、声は男です。思わずためらいますがシャッターボタンを留めることはできません。

恐る恐る撮った写真を見ると長女と次女の間に人のようなものが写っていました。

よく見るとそれは夢で出てきた事故で顔がぐちゃぐちゃになった男の人でした。

その写真が次のページに!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク