米軍極秘スターゲイト・プロジェクト!遠隔透視能力者が事件を解決!?(2/2)

リモートビューイング マクモニーグル 超能力 スターゲイト・プロジェクト 遠隔透視

画像:darkday on flickr

スポンサーリンク

ジョー・マクモニーグル

冷戦時代にアメリカ陸軍は、極秘計画「スターゲイト・プロジェクト」を発足させます。

プロジェクト内容は、遠隔透視能力の研究で、超能力の使える諜報員の育成でした。マクモニーグル氏は被験者としてこのプロジェクトに関与します。

マクモニーグル氏がその能力を発揮した有名な事件は、1979年のイランアメリカ大使館人質事件です。イラン国内にあるアメリカ大使館が犯人グループによって占拠された事件です。

マクモニーグル氏は、RVによって人質や犯人の場所、また敷地内に埋められた地雷の場所までも正確に言い当てたといいます。

RVの能力が大いに役立った事件のひとつです。
 
出典:Amazon

インゴ・スワン

スターゲイト・プロジェクトに関わった人物にインゴ・スワン氏がいました。彼もまた有能なRVの能力者です。

イワン氏が注目されたのは、水星と木星を遠隔透視したことでした。

未知だった水星と木星の地表など知る由もなかった人類にとってその透視は衝撃的なものでした。

後に水星・木星の調査が開始され、イワン氏の透視とほぼ一致すると認められました。

その他にもソ連の核実験施設や原子力潜水艦の位置を透視していたといわれています。

アルバート・スタブルバイン

アルバート・スタブルバイン氏はスターゲイト・プロジェクトの責任者です。

スタブルバイン氏の超能力での活躍は広く認知されていません。しかし、スターゲイト・プロジェクトで能力者の育成と共に様々な訓練を実施していたことは事実でしょう。

スタブルバイン氏に注目が集まったのは、9.11事件直後のテレビインタビューでのことです。

「ペンタゴンに航空機は突入してません」

「WTCは内部に仕掛けられた爆薬によって崩落した」


この発言が物議を呼びます。

もしこの発言が事実だとすれば9.11はテロによる航空機衝突が原因で崩れたのではないかもしれません。

その後、スタブルバイン氏は9.11の発言を控えています。何故スタブルバイン氏がこの発言をしたかわかりませんが、彼にもRVの超能力が備わっていたことで真実を知っていたのかもしれません。

参考サイト:
asyura2.com
世界の終わり
スターゲート計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク