【仰天ニュース】あなたの死生観を覆すかもしれない!?遺体を墓から掘り返す儀式!!

遺体 死生観 儀式 インドネシア 仰天ニュース

画像:Bahman on flickr

スポンサーリンク
インドネシアのスラウェシ島に住むトラジャ族は、年に一度だけ行う儀式があります。

なんと棺の中に眠る先祖の遺体を墓から掘り返すというものです。
 
​出典:Mirror

これは「マネネ」と呼ばれるトラジャ族特有の故人を偲ぶ儀式とされています。

マネネは親族が行います。墓から掘り返してミイラ化した故人を綺麗に洗ってから正装を施すのです。

時には棺の修繕までも行ってから改めて棺の中に戻します。
 
​出典:Mirror

日本では考えられない儀式をトラジャ族はなぜ行うのでしょうか。

そこにはトラジャ族の先祖を敬う彼らなりの死生観にありました。

トラジャ族は、死者の魂はその人の故郷の村に戻ってくる、と元来考えられていました。

そのため、村の外で命を落とした場合でも魂は自宅に戻るのだから魂は死んでいないことになります。

魂が死んでいないのなら体がミイラ化してもこれで終わりではない、という死生観がトラジャ族に生まれたのです。

いつか魂が本人の身体に戻ってくるかもしれない、という理由から故人の遺体を丁寧に扱うようになりました。

こうしてトラジャ族の間で、定期的に墓を掘り返して故人の遺体を整えるという儀式が伝承されていったのです。
 
​出典:Mirror
 
​出典:Mirror

生前の故人を偲ぶ供養は民族間で大きく違うようです。

世界には我々の理解を超えた儀式がまだまだあるようです。

参考サイト:
Mirror
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク