近未来は定住を持たない!?0円生活を実現させるモバイルハウスとは!!(2/2)

ライフスタイル モバイルハウス 移動式住居

画像:Moyan Brenn on flickr

スポンサーリンク
モバイルハウスとは「持ち運びできる家」です。

持ち運びできる家とは、土地を転々とできる車輪の付いた移動式住居のことです。

モバイルハウスは、家ほどの大きさでなくても1人分の住居スペースを確保した小屋ほどの大きさで充分です。

これで各地を転々としながらも居住スペースは保てる、という理想的な格安ライフが実現できます。
 
​出典:TuMBLEWEED

移動式住居と聞くと「現実的に可能か?」という疑問の声もあると思います。

しかし、モバイルハウスは場所や諸条件さえ満たされれば可能なライフスタイルなのです。

モバイルハウスは、移動式住居であるため固定資産税も家賃も住宅ローンもかかりません。

制作費は7万円~10万円の手作りで作れます。加えて、電気は太陽光発電パネルやバッテリーでまかなえますし、水も自然豊かな河川沿いであれば十分暮らしていけます。

モバイルハウスは、暮らしにかかる費用を最小限に抑えた実現可能なライフスタイルなのです。

モバイルハウスに挑戦した方の経験によれば、生活にかかる光熱費のコストは限りなくゼロに近いと言います。ソーラーシステムを組めば電気代の心配はありません。調理に必要な火もカセットコンロで事足ります。トイレは近くの民家やコンビニで借りれば問題はないそうです。

ただし、設置する場所によって費用が発生することもあります。許可を取った土地や民家の庭先を使用すれば、月々数千円程度の支払いは覚悟しなければなりません。しかし、それでも一般的なアパートの家賃に比べれば少額です。

モバイルハウスのメリットは「お金に追われない生活」にあります。高い家賃を毎月支払うことにお悩みの方はモバイルハウスという暮らし方を実践してみるのはいかがでしょうか。

新たな住まいの形として、今後のモバイルハウスの動向に注目が集まっています。

参考サイト:
モバイルハウス
THE PAGE
スポンサーリンク
スポンサーリンク