【仰天ニュース】大聖堂の彫像にタイムトラベラーの宇宙飛行士が!?

サラマンカ大聖堂 彫像 タイムトラベラー 宇宙飛行士 スペイン

画像:NASA Goddard Space Flight Center on flickr

スポンサーリンク
スペインの都市に佇むサラマンカ大聖堂に信じがたい彫像があります。

サラマンカ大聖堂は、12世紀中期に建設が行われ完成までに約300年の月日を費やしました。

大聖堂の完成は16世紀前後とされています。

しかし、壁面に飾られた彫像は当時では絶対にありえないものをモデルにしています。

それは、ヘルメット、酸素チューブ、近代的な装備に身を包んだ宇宙飛行士です。
 
​出典:NAVERまとめ

時代錯誤の彫像にタイムトラベラーした宇宙飛行士ではないか、と思われた方もいるのではないでしょうか。

​実は、この彫像だけ20世紀にはめ込まれたものなのです。

近年、大聖堂の改修工事が行われました。

大聖堂の一部はすでに崩れ落ちていたこともあり修復が不可能な状態でした。

代わりに近代的なテーマをはめ込む案が持ち上がったといいます。

そこで宇宙飛行士を後世に伝えようとして考えついた彫像だったのです。

参考資料:
知らなかった地球の不思議
実録!!ほんとにあった(と思う)怖い話
スポンサーリンク
スポンサーリンク