呪いの人形が人間を襲う!?不気味に笑うロバート人形に震えが止まらない!!(2/2)

チャイルド・プレイ ロバート人形 チャッキー ホラー映画 呪術

画像:Eirien on flickr

スポンサーリンク

チャイルド・プレイ

『チャイルド・プレイ』に登場するチャッキーは、6歳の少年アンディの誕生日に贈られた人形です。

しかし、チャッキーは、殺人鬼が死ぬ直前に呪いを掛けて自分の邪悪な魂を移した人形だったのです。

そして、人形の身体となったチャッキーは生身の体を取り戻すため人々に襲いかかるのです。

人形が人間を襲うという奇妙な物語ですが、この『チャイルド・プレイ』は、実話を元にした映画なのです。
 
​出典:Amazon
 

ロバート人形

1904年のアメリカ・フロリダ州に住むある家族に起こった「ロバート人形」の呪いです。

オット家に不満を持っていた使用人は復讐を企てます。それは、先祖から伝わる黒魔術の呪いでした。使用人は、自分で作った人形に呪いをかけたのです。

人形は4歳のロバート・ユージーン・オット君にプレゼントされました。

ロバート君は、人形に自分と同じ「ロバート」の名前を付けました。これがロバート人形の呪いの始まりです。

しばらくしてロバート君は人形と一緒に部屋の中に引きこもるようになります。

両親は、ロバート君と人形がお互いに会話をするという光景を目の当たりにします。そればかりでなく、家の中の出来事に反応するように人形の表情が変化する場面に遭遇するのです。

ある時は、不気味に笑う人形に家族中が震え上がったといわれています。

人形の怪奇現象を目撃したのはロバート君の家族だけではありません。

オット家を訪れた少女は、屋根裏部屋で人形がひとりでに動き回る姿を目撃します。それに気づいた人形は、「見たな!」と脅して襲いかかったそうです。
 
​出典:Exemplore

現在、人形はフロリダの西マーテロ博物館にガラスケースの中で厳重に保管されています。

時折、観光客からロバート人形の表情が動いた、という証言があります。

そのために、いつ人形が人間を襲うかもしれない、と恐れられています。

参考資料:
【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ
Amazon
エキサイトニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク