【世界の都市伝説】韓国の貨幣に隠された恐るべき怨念「キム・ミンジの怪談」

韓国 貨幣 都市伝説 キム・ミンジの怪談

画像:Alejandro on flickr

スポンサーリンク
韓国のキム・ミンジが通学中に誘拐されます。

キム・ミンジの父親は韓国の貨幣を製造している韓国造幣公社の社長でした。

犯人の目的は身代金と思われていました。

しかし、キム・ミンジは数日後に身体を引き裂かれたバラバラの遺体となって発見されたのです。

犯人も捕まらず事件は迷宮入りとなりました。

キム・ミンジの父親は犯人の復讐と娘の怨念を鎮めるために貨幣にある細工を施しました。

父親は、切り刻まれた死体の各部位と「キム・ミンジ」の名前を韓国の貨幣に密かに刻み込んだのです。

韓国の硬貨と紙幣をよく見るとキム・ミンジと思われるバラバラの身体のパーツが隠されています。

そして、すべての身体のパーツと名前を完成させてしまうとキム・ミンジの怨霊が現れて貨幣の持ち主の身体を自分と同じように引き裂いてしまうというのです。

これは韓国で有名な都市伝説のひとつです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク