生首だけでも意識はある!?ギロチンで処刑された罪人に睨まれた!!(1/2)

ギロチン オイゲン・ヴァイトマン マリー・アントワネット 処刑台 生首

画像:Nagarjun Kandukuru on flickr

スポンサーリンク
ギロチンは、2本の柱の間に吊るした刃を勢いよく落とし、下で寝かせた人間の首を切断させる処刑装置です。

ギロチンが使用されるようになったのはフランス革命中の1792年頃からとされています。マリー・アントワネットやルイ16世の処刑にギロチンが使われたことで有名です。その後、1980年代まで罪人の処刑に使われていました。

ギロチンは、鋭い刃で勢いよく首を斬り落とすことから痛みを伴わずに死ねると考えられていました。

しかし、斬首後も意識が残ってなかなか死ねないのではないか、という意見もあります。

信じがたいことに処刑に立ち会った人たちが口々に「生首に睨まれた」「眼が瞬きした」と証言したからです。

今回は、処刑された生首にまつわる奇妙な実験と逸話を紹介していきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク