【世界の都市伝説】絶対にマネしてはいけない!!死者と会話する秘術!?

イギリス 秘術 死者 都市伝説

画像:Female beauty, 23 million views on flickr

スポンサーリンク
イギリスに伝わる「死者に会う」秘術を教えます。

深夜2時に会いたい人を頭の中でイメージするだけです。

まず、家の玄関以外はすべての出入り口に鍵を掛けます。窓や台所の裏口などのすべてに鍵を掛けます。出入できるのは玄関一つだけです。

次にすべての電気を消します。家中が真っ暗になったのを確認したらロウソク1本に火を灯します。

そして、会いたい死者の生前の遺品を胸に抱えてベットに入ります。

次は会いたい死者が墓から出てくる様子をイメージします。

この時、イメージする集中力が重要なポイントです。

死者のイメージは、生前のままの姿かたちにします。墓に眠っている死者では強いイメージが生まれないからです。

今度は、生前のままの姿で墓から自分の家に歩いて向かっている姿をイメージします。そのまま自宅の玄関に辿り着くまでを頭の中で思い描きます。

最後に、死者が玄関の扉の前であなたを待っている状況までイメージします。そして、あなたは実際にベットから起き上がって玄関に向かいます。

大切なことは胸に抱えた死者の遺品を必ず持って玄関に行くことです。

玄関に着くとあなたの頭の中でイメージした死者の声が扉越しに聞こえてくるそうです。

ただし、扉は絶対に開けてはいけません。

あくまで扉越しのみの会話で終わらせなければいけません。

家の中に死者を入れてはいけないというのがこの秘術の最大のルールです。

もしこのルールを破って死者を家の中に入れてしまえば死者があなたの命を奪い去ってしまうからです。

これはイギリスで伝えられる「死者に会う」都市伝説のひとつです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク