狼男による殺害か!?ジェヴォーダンの獣は人間を喰らう!!(2/2)

オオカミ ジェヴォーダンの獣

画像:Angell Williams on flickr

スポンサーリンク
ジェヴォーダンの獣事件の犠牲者は、死者・負傷者を合わせると100人以上にのぼるといわれています。

1767年に猟師によってジェヴォーダンの獣は殺されます。これを最後にジェヴォーダンの獣事件は終わりを告げたのです。

しかし、当時からジェヴォーダンの獣事件について疑問の声がありました。

それは、本当に巨大なオオカミによる殺害だったのかというものでした。

ジェヴォーダンの獣事件の特徴は、若い女性と子供という限定された犠牲者にあります。またジェヴォーダンの獣は家畜の豚や羊を襲わず、狙ったように人間だけをターゲットに殺害していたのです。

考えられたのは、オオカミを飼いならしてジェヴォーダンの獣の仕業に見せかけて犯行を行った模倣犯説や集団犯行説です。

つまりジェヴォーダンの獣事件は、巨大なオオカミによる殺害ははじめだけで後は人間の手による意図的な犯行だとも考えられるのです。

狼男は架空の怪人です。しかし、オオカミを飼いならし若い女性や子供を襲うという精神の持ち主は、もはや狼男という怪人と言えるのではないでしょうか。

参考サイト:
暇つぶしニュース!
スポンサーリンク
スポンサーリンク