「頭だけでも家に埋め込んでよ」バートンアグネスホールの幽霊屋敷とは!?(1/2)

幽霊屋敷 バートンアグネスホール イギリス 髑髏

画像:Nicholas Cardot on flickr

スポンサーリンク
イギリスの北部にヨークシャという地域があります。

ヨークシャは自然の豊かな地域として有名です。見渡す限り広大な草原に人々は、神に恵まれた土地と呼ぶほどです。

ヨークシャは昔から人気の高い地域でした。ヨークシャの風景に魅せられた者たちは少なくありません。彼らはこの地に別荘や邸宅をいくつも建設するようになります。

特に貴族やお金持ちは趣向を凝らした建築物を望みました。そのため多くの時間と資金が費やされました。

17世紀に建設されたバートンアグネスホールもその一つです。

バートンアグネスホールは、イギリスの名家グリフィス家によって建設されました。

グルフィス家の当主は、他にはない豪華絢爛な邸宅を望みました。それがバートンアグネスホールです。

当主は愛する家族と暮らすためにバートンアグネスホールを建設しました。

しかし、ある事件がグリフィス家を襲います。それ以降バートンアグネスホールで奇怪な現象が続くようになりました。

いつしか人々は、バートンアグネスホールを呪われた幽霊屋敷と呼ぶようになったのです。

今回は幽霊屋敷と呼ばれるバートンアグネスホールにまつわる話を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク