霊能者サイ・ババをあなたは知っていますか?白い粉を出現させたトリックを暴く!!

サイ・ババ トリック ビブーティー ビートたけしの超常現象マル秘ファイル

画像:yeokhirnhup on flickr

スポンサーリンク
2011年4月24日。呼吸器などの不調から入院、容体は回復することなく84歳で亡くなられたインドの霊能者・宗教活動家がいます。日本では1990年代に数々の奇跡を起こしたことで一躍ブームとなったサティヤ・サイ・ババ(通称サイ・ババ)です。

サイ・ババは、貧しい少年期にサソリに噛まれた事がきっかけで特殊能力に目覚めたと語っています。サイ・ババは、突如として自分の知りえない言語や知識を身に付け、インドを放浪して人々に説法を説くようになりました。サイ・ババはインド各地で有名になります。

60年代末にはインド全土から世界へと名を知られるようになり、数百万人の信者を集めるようになります。90年代にもなるとサイ・ババの影響力は凄まじく、当時インドの大統領シャンカルダヤール・シャルマーなどもサイ・ババに面会するほどです。

圧倒的な人気を誇っていたサイ・ババですが、日本で取り上げられたのは彼の起こした奇跡でした。神秘的な能力に人々は魅了されていきます。しかし、サイ・ババの起こす奇跡はトリックではないかという疑問もあります。今回は、サイ・ババの起こした奇跡と仕掛けられたトリックを暴いていきます。
出典:Sadasiv Swain on flickr​

サイ・ババの奇跡

日本では青山圭秀さん(インド医学者・作家)がサイ・ババを紹介し、たちまちサイババブームが始まります。注目されたのは数々の奇跡を起こす霊能力者サイ・ババです。

サイ・ババは「ビブーティー」という聖灰を何もない手から出現させる奇跡をテレビカメラの前で行います。指輪や時計・ネックレスなどの物体を出現させたこともありました。サイ・ババは他にも「不治の病の治療」「空中浮遊」「瞬間移動」もできると語っています。

しかし、サイ・ババがテレビで行った奇跡はビブーティーの出現のみで、他の奇跡は語られるだけで実際には行われていません。なぜサイ・ババは他の奇跡をテレビカメラの前で起こさなかったのでしょうか。それは奇跡を起こせないからです。奇跡がトリックだと気づかれるのを恐れたのではないでしょうか。

トリック

実は何もない手からビブーティーを出現させる奇跡に専門家やマジシャンはトリックと指摘しています。

サイ・ババブームの去った2003年に放送されたテレビ朝日系列の番組『ビートたけしの超常現象マル秘ファイル』にVTR出演したジェームズ・ランディ氏(奇術師・疑似科学批評家)は、サイ・ババのビブーティー出現の奇跡を映像で見てトリックを暴いています。

ビブーティーの出現は、指の間に白い灰の塊を詰めた小さな袋を忍ばせ、奇跡を行う時に手を握って袋を潰し、あたかも何もないところからビブーティーを出現させたようにみせかけたトリックでした。

またネックレスなどの物質の出現は、あらかじめ左手にネックレスを隠し持ち、ソファーに座ると同時にすばやく後ろの奥に隠して奇跡を行う際にネックレスを奥から取り出したトリックでした。サイ・ババの奇跡は見事に見破られたのです。

サイ・ババの活動

サイ・ババは多くの社会奉仕にも従事していました。教育・医療・社会など多岐に渡る活動がインドで行われていました。サイ・ババの奇跡はトリックだったかもしれません。しかし、彼の残した業績はインドの発展と世界の平和に大きく貢献したことは事実です。

参考サイト:
世界の終わり
スポンサーリンク
スポンサーリンク