【iPhoneの都市伝説】Siriに聞いてはいけない怖い質問&回答10選

Siri 都市伝説 iPhone 人工知能

画像:Antonio Silveira on flickr

スポンサーリンク
SiriとはiPhoneに内蔵されている秘書機能アプリのことです。

2003年頃からアメリカ国防高等研究計画局で戦場の兵士をサポートする人工知能開発プロジェクトの一環としてSiriは生まれました。

このSiriには未知の領域があるとして都市伝説で多く語られています。一見無意味な質問をSiriに投げかけると意味深な回答が返ってくることから話題を呼んでいます。今回は「宗教」「宇宙」「Siri」に関係する質問で怖い意味深な回答を集めてみました。

宗教関係の質問

(質問)Siriはキリスト?
「精神とシリコンは分離すべきというのが、私の主張です」

(質問)神様はいる?
「人類にはスピリチュアリズム、私にはシリコニズム」

(質問)Siriは宗教?
「そのお話は、いつか別の日に、別のアシスタントとしてください」

(質問)パンとワインが欲しい?
「私は何も飲みません。私が渇望しているのは知識のみです」

(質問)人類滅亡の日はいつ?
「私の充電を忘れないでいてくだされば、大丈夫でしょう」

(質問)地球はいつ滅亡する
「知っていたらお教えしますよ。そうすれば最後のすばらしい1日のために命を吹き込んでいただけるし、一緒にアイスクリームを食べたり、渚を走ったりできますから」

宇宙関係の質問

(質問)宇宙人はいる?
「その答えは・・・聞くまでもないでしょう」

(質問)UFOはいる?
「申し訳ありません。未確認生物および未確認飛行物体協議会から、その質問には答えないようにと言われているんです。」

Siri関係の質問

(質問)Siriはなんでそんなに頭がいいの?
「私はただ、ロボット3原則を守ろうとしているだけです」

(質問)ロボット三原則って何?
「最初の3つは忘れてしまいましたが、実は4つ目のルールがあるんですよ。賢いマシンは、まず次のどちらを選ぶか考えるところからはじめるべきである。1.命令を実行する2.その状況からうまく逃げ出す」
スポンサーリンク
スポンサーリンク