衝撃的すぎる内容に公開できない!?ファティマ第三の予言に迫る!!(1/2)

ファティマの聖母 第三の予言 第一次世界大戦 第二次世界大戦 人工知能

画像:Randy OHC on flickr

スポンサーリンク
数ある予言書の中で特に注目されているのが「ファティマの聖母」の第三の予言です。

「ファティマ」とはポルトガルにある街の名称で、「聖母」とは聖母マリアを指しています。ファティマの聖母とは、ファティマの街に聖母マリアが出現した奇跡をいいます。

その時に聖母マリアは人類に3つの予言を託しました。第一、第二はすでに公開されましたが、第三の予言は未だ全文を公表されていません。その衝撃すぎる予言に内容は公開できないのではないかと言われています。

ファティマ第三の予言にはいったい何が書かれているのでしょうか?

ファティマの聖母

1916年5月13日のファティマで、ルシア・フランシスコ・ジャシンタの3人の子供たちの目の前に聖母マリアが出現します。聖母マリアは翌月の同じ13日にまた現れることを告げると消えていきます。

子供たちの話はすぐに大人たちの耳に入りますが誰も信じようとしません。翌月の13日の同じ場所で大勢の大人たちが参列するなか突如聖母マリアは再び現れたのです。多くの大人たちが聖母マリアの出現を目の当たりにしたのです。

そして聖母マリアは3つの予言をします。

第一の予言:第二次世界大戦

聖母マリアが出現した1916年は第一次世界大戦の真っ只中でした。第一次世界大戦は、1914年に勃発して1918年に終結する世界大戦です。そして、聖母マリアは次の第二次世界大戦を予言します。

「第一次世界大戦は間もなくして終わるが、人々が悔い改めなければ更なる悲劇が人類に起こる」と聖母マリアは予言します。予言は第二次世界大戦を指していたのです。これは人類にとっての警告でした。

聖母マリアは、第一次世界大戦の悲劇から次の大戦を食い止めようと人類にメッセージを投げかけていたのです。しかし、残念ながら第二次世界大戦は1939年に勃発します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク