今一度振り返れば冝保愛子の霊能力は凄まじかった!!晩年も衰えない霊視!?(1/2)

冝保愛子 霊視 霊能者 タレント

画像:Annie Roi on flickr

スポンサーリンク
1980年代から日本に心霊ブームを巻き起こした女性といえば冝保愛子さんです。2003年に胃がんで亡くなるまでテレビ・雑誌などで活動されていました。

今では江原啓之さんやCHIEさんなど多くのスピリチュアリストが活躍されていますが、タレント霊能者(スピリチュアリスト)の元祖ともいうべき人物が冝保愛子さんなのです。

霊能力の目覚め

冝保さんは1932年1月に生まれます。元から右耳が聴こえない冝保さんですが、4歳の頃に焼けた火箸が自らの左目を直撃するという悲劇に見舞われます。しかしこれが転機となります。

冝保さんは6歳の頃より不思議な能力に目覚めます。生まれつき聴力の無い右耳は霊の言葉を聞き、一時失明寸前の状態に陥った左目で霊の姿を捉えるようになったそうです。

エピソード

冝保さんがはじめて霊と交信したのは亡くなった叔母の霊でした。拭き掃除の好きだった叔母の霊が幼い冝保さんに自分のことを思い出してほしいがために濡れたぞうきんを裸足で踏みつけるように誘ったのが始まりといいます。

また冝保さんが街を歩いていると近くの蔵から炎の燃える音が聞こえてきたそうです。しかし、その蔵は燃えておらず、冝保さんにしか炎の音は聞こえていませんでした。後日、その蔵は本当に火事になります。冝保さんは蔵が燃えることを予知していたのです。

冝保さんの霊能力は交信や予知だけではありません。霊視もできました。

ある日、冝保さんのうわさを聞き付けた依頼人が消えたお金を捜してほしいと懇願します。冝保さんは消えたお金の行方を追うと依頼者の近くにいた人物が金を盗んだことを突き止めます。冝保さんにわかるはずのない事柄まで言い当てたのです。

こうした幼少期のエピソードから冝保さんは自分には人とは違う特殊な力を持った霊能力者であることを自覚し始めるのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク